ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

♪Damn

・・・泣いてもえい?

これ、ワンマンで聴いたよ。でも初めて聴いたときは、洋楽っぽいと思うた。
でも、違う。Naoさん独特の、”和”のテイストがしっかり入っちゅう。


で、着うたで、聞いた時、頭から離れずずーっとグルグルしよった。なんでやお?何でこんなに惹き付けられるんやろ?

ほんまは、考えても考えても、好きな曲やということ、きっとあのワンマンで、図らずも鳥肌立てたことを、思い出して、

なんか 悔しかったんよ。
やられたぁ~~!!感、満々やったこと、認めたわ。

曲もやけど、やはり一番身震いしたんは、三浦大知くんのVoiceです。
しつこいけんど、ほんましつこいけんど、

彼の歌詞と歌詞の間で、フッと抜けたり、キュッと止めたりするブレスが、伸ばさず フッと切ったあとの、残る余韻。


う~~~~、涙出てきます。

大事にしたいな、この声。

もちろん大人なメロディなんやけれど、21歳にして、これだけ色気を出せる。素の彼にも備わりつつある、大人の感性。

うちは、変態やね、なんか、可笑しいわ。

一緒に歌ってくれた、TUYUZAKI HARUMIさん、ありがとう。ソフトな声や。やっぱりうまいわ。なんか、別れた彼女の声を彷彿させる落ち着きやん。
ありがとう~~。

Naoさんが、”彼は、必ず自分のものにする”って言う意味も本当にわかるわ。楽曲提供して毎回、感動してくれるんやろうなあ

昔っから言いゆうけんど、


レコーディングブースで歌う大知君を、見たいです。

書くことが、貧相ですみません。ちょっと屈指の曲になってしまって、
心が収まりませんき、ここらにします


ちょっと、困っちょります
by swingbebe | 2009-05-20 06:42 | 三浦大知 | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30