ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

あきらめない。。。

たとえば今何かに挑戦していて、その効果が目に見えてなくて、
「もういいいや」って気持ちになる事があったりする…代表的なのが、ダイエットだったり。笑。


私が今勉強していて、2年前とどう違うかといえば、
さほど変わらない…ような気がするのも、”実感”として掴むものが少ないんだろうけれど・・・。


この2年、課題と実習のための自己学ファイル仕上げと、並行してやってきて、その莫大な量に今更驚くけれど、学校の先生が言ってたことは、
【計画を立てて、一つずつです。】
これ一つでした。

今も国家試験にむけて、やはり”計画的にやってください”との言葉をもらうけれど…今更に納得。


            ◇

今職場では、日々のケアについての取り組みを、グループ毎に担当して、課題をもって取り組もうというのをやってて、

施行開始が、明後日10月1日からなんだけれど・・・。


リーダーは介護福祉士さん、
で、サブが看護師っていう編成で。


私達の仕事って言うのは、変則勤務なために、なかなかメンバーが揃う日がなくて、一緒に話し合う事が難しい。


で、何かをグループで始めるには、
まず現状把握と、共通認識が重要なんだよね。

ある事柄について、今どういう状況にあって、
何処に課題があるか、問題点があるか。
そういう視点をあわせておかないと、チームとして  鈍る。
焦点がぼやける。

で、課題を決めたら、
その課題クリアのために、何をどうしたらいいか 考える

ここでおそらく、チームも悩む、そしてスタッフからも疑問が出る。



「今でいっぱいいっぱいなのに、無理!」って。

(本題はここから)

出来るか出来ないかはやってみないと、わからない。
(どんなときにもよくきく言葉だね♪)

やってみて、出来たらOKだし、
出来なければ、何故出来なかったかを振り返る
実は出来たということよりも、
この振り返りが大事。

「ちゃんとしたいんだけど、忙しい、人が足りない、時間がない」
こんな言葉をよく聴く。


でも、【ちゃんとしたい】んだよ、みんな。

そこが大事なんだよ。

どうすれば、目標まで到達できるか。
試行錯誤って言う言葉があるように、最初から間違いない方法なんてない。今、自分達がやってる事だって、過去の先輩達の試行錯誤の賜物。
ここにくるまでに、どれだけの

【徒労と無駄】を費やしたろうね。

どんな事でも、今自分達が継承していることは、過去の努力の足跡。
廃れないってことは、そういうことだよね。

でも、時代は次々と新しい物を生み出し、そのたびに基準も変わってきている。

そのうち廃れないものが、捨てられることもあるんだろうな。

けど、それも実は大事なんだろうな、時代が変化している以上は。



話を職場に戻すけど、
せっかく、新たな取り組みとして始める今回のチームケア。

出来ることなら、あきらめずに続くといいな。
人員の問題や、スタッフの資質の問題、時間的なこと、仕事とはいえ、ややもすると感情的になることもあるだろうけれど・・・。


要は、今の状況で、最善を尽くすという事を体験して、
その次の場面で見えてくるものについて
改善点は新たな課題として、
成功したら、また次のステップへ。

失敗を恐れず、目標さえぶれなければ、
何度でも挑戦する。









・・・学校の先生が言ってた、
毎日計画を立てて、コツコツと

って言葉が、とっても納得して受け止められる。


そして、この2年何か変わったとするならば、

【目標をもって計画し、決してあきらめない】


・・・・・きっと、これかな?




ほら、大知くんふぁんのみなさん、

彼も、こういう人だよね。

ねっ!?
by swingbebe | 2010-09-29 23:31 | 三浦大知 | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31