求め続ける声

 DAICHI MIURA Live Tour 2010 ”GRAVITY”  in 大阪

毎回、ライブに行くたびに、浮かび上がる言葉がそれぞれにあるけれど、
ライブの最後の最後に、まさにこれだ!という言葉が浮かんで。。。

求め続ける声 

今回はこれ。



今回は10箇所ツアーということで、おそらく後半に参戦される方のために、
ネタばれはしないでおこうと思います。

そして、私自身ももう1箇所行くので、そのときに今日持った感想を
再度確認したい(全箇所 印象は違うと思うけれど…。)

あっ、そうそう久々土佐弁でやってみちゃりましょう!!
(竜馬伝も流行ったし、ちったあ、理解できるろう?)


ー-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回何が今までと違うかいうたら、箱がでかい!ということが、まずひとつ
そして、私が見た位置がまさにミラクルなところで、
私の執念が、チケ抽選してくれた人の手を操作したにちがいない、そう思えるくらい良かった。

今までで一番ライブの全容がわかった。

やき、本来やったら、セトリ順に詳しゅう話しちゃれる気がするけんど、
やめちょく。


ホールは天井が高かった。
そして、ステージ自体が高いき、おそらく皆さん見えたと思うよ。

登場してきた大知くんは、歌もダンスもぶれんけんど、
体格的にも重心が安定しちょって、きれいな筋肉のつき方しちゅうね。
(おばさんはこういう視点も抜かりない?)

衣装もラメの細めのパンツが似合うちょった。
ジャケットも不思議な配色の、
なんとな~く大知君の体のラインがわかるようなシルエット。

(うっ、下品すぎる? うん、やめちょく)

ダンサーさんたちの表情もしっかり見たで~
私は、大知くんライブでダンサーさんに注目するがです。
大知君が歌いゆうのにです。

オーディエンスの皆ぁは大知くんに向いちゅうけんど、
ダンサーさんの動きや表情をみゆう時がある。

大知くんの一挙手一投足を見逃したくないライブやのに・・・
けんど、大知君のライブを盛り上げてくれゆう彼らのパフォーマンスも
私にしたら、貴重やき。
私ばぁやないと思うけんどね。

しょーたさんも、かずきさんも、NOPPOさんも、PURIさんも
いいお顔しちょった。

大知君にしても、ダンサーさんにしても、
彼らの目の動きが見れるくらいの距離というのは、
ほんとに貴重。

”目は口ほどにものをいう”

まさにそれが伝わるで。

ライブを楽しむというところからかなり逸脱した感想やけど、
そういうところで、彼らの本気を知ることもできる気がするがよ。


大知君は、うちらあを魅了したいのよね。
パフォーマンスで。

ライブリピーターも、初めての方もおったけど、
魅了されまくりや思うよ。

大知くんに対して【進化】という言葉を誰がいつから言い始めたのか
もしや大知君自らか、キャッチフレーズか。。。
いずれにしても

【進化し続けたい】と思いゆう大知くんの
有言(不言)実行な姿は、

十分魅了してくれちゅうやんか!!
そう思わん?

そんなことを感じるに足りるくらいのライブやったわけよ!

ちょっと長うなるき、その2に書くわね~。
by swingbebe | 2010-11-14 12:22 | ライブレポ | Comments(0)