ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

1200人分の”ありがとう”

もう5日も経ってしまったか~。

~握手会~

前日のラゾーナのU-STは仕事で見れてなくて、あとから握手会1800人と知ってその多さが想像できなかった。

おそらく、たくさん!!!なんだろう  笑。

そう思ってあべのキューズモールに臨んだら、やはりたくさんだった。 笑。



握手会って言えば、エイネ愛媛が私にとっては初めてだったけど。あれから、リリイベ毎にいけるときは参加してたけれども、おそらく、この1年で瞬く間に増えたよなぁ~~~。



今回は、列になると言うよりも、エリア内に居て、どどどどっとよっていく感じ。
大知くんの前にすすむ列が一つあってそこに集中するっていう・・・。

だから、ステージ中央に大知くんがいて、ステージ前端から進んで行くので、

正面から ”こんにちわ”だ。

私達も緊張だけど、大知くんも次の人が予測できない感じで、どんなかなと思ってみた。

握手会でははじめ後尾のほうに並んでいたけれど、あのドドドドッな流れで、私の後ろにはたくさんの方が居て、数時間待ったなあ。

途中大知くんの休憩もあり、日も暮れてきて気温も下がり、でも群衆の中に居る自分達はそれほど寒くないけど、

大知くんは吹きっさらしの空間に、ステージを終えた後クールダウンしながらも
汗は出てるだろう身体が 冷え切っていたんじゃないかと。
握手会とはいえ、お疲れ様です。本当に。

あっ、それと思ったこと一つ。

小さなお子様連れのファンの方が数多くいらっしゃってて
眠くて泣いてる男の子もいたり、でもじっと順番を待ってる女の子も居たり。

大人でもちょっときつい待ち時間が、小さなお子達にはもっときつかったんじゃないかと。


出来れば、そういうお子様連れのファンの方を、優先して並ばせてあげるという事
してもらえるといいなと思った。

ライブ中、エリアの外からおばあちゃんに抱っこされて、一所懸命踊って、大知くんに手を振ってる
3歳くらいの女の子が居ました。とってもほほえましくて、見ていて幸せな気持ちになります。

でも大人と違って体力に限りもあるので、せめて握手会はスムーズに終わらせてあげられるといいなとおもいました。


さてさて、握手会では、3~5秒刻みで流れていく感じ。

おねーさんが、頃合をみて、肩に両手を添える感じ?
(前は、ウエストだったゾ)

私は何をいうかおぼろげに考えながらも、いつもどこか行き当たりばったりな感じ。
その時の流れとか、そのあたりの雰囲気で、まったく違う事を口走っている事がある。


大知くんの目と、自分の言葉に集中。
だから、大知くんがどんな色の服を着てたかなんて覚えているわけがない 笑。

私の前の友達は、とっても落ち着いて話してた。
何人かの友達が、話の途中で肩に手を置かれているのをみてて、

”早くいわなきゃなあ”
なんて考えているうちに・・・


はい!目の前大知くん!
(おっと、こんにちわ  笑)

・・・・・・・・・。


話はね、月並みな事を言ったんだけれども、

言いたい言葉が引っ込んでしまって。



大知くん、かなりお疲れ様。一所懸命頑張っているのが伝わって、
でも、目を逸らすことなく、しっかり話そうとはしたんだけど、


月並みなメッセージで終わっちゃったよ。

1200人分の1のメッセージ。

気の利いたことが言えず。(しょんぼり。)

そして、手の感触も覚えていないという。



こういうのを”テンパル”というんだろうか、

・・・・大知くんの瞳と、あのときの顔だけは今も覚えているのに・・・。



ステージを降りる時に、足元に気をつけてくださいってe0100589_1633595.jpg
声をかけてくれたスタッフの方ありがとう。


握手会を終えた友達が集まってるところへ行って、
残りの握手会の様子を見てたけど、
本当に幸せな時間。

みなさん満面の笑顔、泣いてる人だって居る。

どんだけ幸せを運んでいるんだろうね、彼は。


17日は、もうちょっとマシなメッセージを贈れるといいけどな。



(写真は、握手会の後大知くんが去っていったあとのステージ)
by swingbebe | 2011-12-09 16:03 | 三浦大知 | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30