DAICHI MIURA LIVE2012「D.M.」 in BUDOKAN その③

LIVEレポにしちゃあ、長すぎるか。。。
けど、まとまらんのも事実やし。。。


ちょっとしつこい感もあるけんどね、もう突っ走るしかないわな、ココまで来たら 笑。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

DANCERさん、今回女性の方も来てくれちょったね。

コハルさんは、時々大知くんと踊ってくれちょったき、すぐわかったんやけど・・・。
他の女性DANCERのかたもそうやけど、


かっこええ~~!!!

ああいうスタイルのダンスは、かっこええと表現するのが最適や。



あ、DANCE NUMBERでの大知くんについては、

攻める!の一言。

この人の歌うてる時と普段の人柄とは

間逆の顔を出すのが DANCER三浦大知の時やと思うてる 私。

ジャンルにもよるろうけど、全く違う顔を持つ。恐るべし。




”攻め”の表情を魅せるんは、もしかしたらダンスから醸し出されるものかもしれん。

ダンスの時の大知くんを囲む声は、完全なる 黄色やし。



昔あったなあ~ 【一粒で二度おいしい】

グリコや!!  笑。




おっと!話を脱線さすわけいにはいかん!!

TRUE COLORS
別れのベル

カバーはツアーとおんなじやったけど、今回CD音源としても提供してくれたし
満足。

そして、♪別れのベルは 聞きゆう人によって想いは違うろうけんど、
私の場合は、『気がけちゃりよ』と思い起こさせてくれる曲。


当たり前すぎる環境にこそ、幸せの鍵はある・・・まあ、こんな事かぇ?



蜃気楼

『イ・ナ・メ・ナイ!』あ~~~~、豪華やったね、KREVAさん!
KREVAさんは、ツアーで高知に来てくれたとき初参戦したけど、


無条件に、男前。
やんちゃで、シャイで、けどオーディエンスを掴むツボをしっかり持っちょるよ!!

ホホホ~~~~ッ!!

大知くんとのコラボを実際にこの目で見れたこと、大収穫。
何より、大知くんを大事に思うてくれゆう気持ちがびんびん伝わったと思わん?


KREVAさんがらみの話は止まらんき、これっぱぁにしちょく。 (でも、るんるん♪)

RUN WAY
Love is Like a bass line(これ大好き!!)
Turn Off The Light
SHOUT IT

この辺は、かなり盛り上げてくれて、私も娘も 乗りまくり。

LIVE前に「お母さんがびっくりするくらいハジケルと思う」と言いよった娘。
もともとダンスやりよった子やき 当然やろうけど
かなりやったなあ~。

母ちゃん、負けれんゾ!!

大知くん、いつものLIVE以上に スタミナKEEPやったな。
TOTLは、ちょっと息が上がる感じがあるのに、


完璧、完璧、言う事なし。

オーディエンスに魅せつけちゃれ~~~~! こんな気持ちやった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アンコール

の コールが地域によって違うがやけど、

今回全国から集まっちゅうろぉ?どうなるんやと思うたら、
けっこう男子ファンが健闘してくれて、

ばらつきがあったら、締めるみたいな感もあった。
頼もしいちや。

Black Hole…♪ゆれる瞳はまるでBlack Hole吸い込まれそう… この冒頭の歌詞が
なんとも優越感なんよね。息継ぎせず一気に歌うろぉ?
よう続くことよと、いっつも思う。
何よりかっこええ歌。

Elevator… ふっ! これね、自分の中でもかなり”ツボ”です。盛り上がり尋常じゃないき。
サビのところは、娘と二人で即興ふりができて、乗りまくり。武道館を後にしながら、

「ふふふ~ん♪」いうて歌いもって ちょい踊りもって帰ったっていう
なんとも恥ずかしい親子です。
「このふり えいと思うがやけどね~」と、自画自賛。娘は、やっぱり私の娘やった 笑。

Two Hearts… 大知くんが、おどけながら紹介してくれた新曲。
時々見せてくれるこういうお茶目な大知くんが、本当に癒し。
で、生声を初めて聞かしてもろうたろう? 
上手い!! この曲はシンプルやけんど、歌詞に大事なキーワードがどっさり入っちょって
最初のピアノ聴いただけで、ウルウル。
(初のドラマ主題歌という、積年の想いが叶った曲ということもあるし)

Magic Word…大知くんが最後にもってきたナンバーを 
大知くんの思いいれいっぱいに聞かせてくれる。
ツアーでは、最後にクールダウンする感じ、もしくは
LIVE全体をおもてなしの最後の日本茶みたいな まったりとした気持ちにさせてくれる感があって、
上り詰めて終わりっていう、今までのような感じとは少し違うちょったね。


☆☆☆☆

Keep it Goin’ On -2012 MIX-

三浦大知くんがどうしても最後に歌いたかった曲だと 紹介してくれて。
イントロが流れて、一部のファンから声もあがったけど、

実際には聞き覚えのあるイントロフレーズで、すべてのオーディエンスが理解した
この表現が正しいと思う。

それだけ、意外やったし
でも、だからものすごい納得で、


私自身は、あの最初のイントロフレーズで、隣のファン友さんの肩にうなだれ、
ふ~っと気を失いかけそうになった。

「そうくる!?」
 
なんとストレートな、なんと的を得た、贈り物やぉ。

ご両親も感慨無量やったろうなあ。
長い事応援してきたふぁん友さんも、号泣やったろう。


で、この曲が、武道館LIVE後に 特別音源としてCDプレゼントされて。


【感謝というのは、こういう形をいう】んだと、

自分が贈りたい相手の笑顔を想像したときに、何がいいのか

大知くんの中で、ずっとあった想いだったかもだし、
もしかしたら、いろいろ模索した末のものだったのかもしれんけど、


大知くん!ナイスよ!!


少のうても、私の知っちゅうファン友さんは、笑いながら、号泣やったよ。




・・・・下手なレポを最後まで読んでくれて ありがとうです。


DAICHI MIURA LIVE2012「D.M.」 in BUDOKAN は、

極上に優しく、極上に秀逸で、満点な空間やったです。


三浦大知くん、至福の時間をありがとう。
by swingbebe | 2012-05-10 03:26 | ライブレポ | Comments(0)


三浦大知くんファンブログです。メッセージはこちらへ.....swingbebe@excite.co.jp  


by swingbebe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外部リンク

最新の記事

貪欲に。。。
at 2017-02-12 01:42

カテゴリ

全体
三浦大知
サプライズ
D-ROCK・SONG
癒し
ちょっと、ショート。
自分について
詩(うた)
妄想バトン
仕事の話
ライブレポ
友達
日記~今日思うこと~
徳さん
音楽について
今日のふぉと
レオと私
声をかけませんか?
土佐弁語り

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...

画像一覧