声。。。

e0100589_23335246.jpg


先日、大知くんのファン友さんが ”四国ファンの聖地”と言ってた
タワーレコード高松丸亀町店さんです。


聖地・・・って言われて、はっとしました。本当に、一所懸命動いてくださっているんです。
誠実に、ファンの声を反映してくださってる。
ありがたい場所です。

そこへ、先日の3日に行きました。
11月に入ってタワレコ全店 三浦大知くんプッシュ月間で、ご覧の通りの大知くん、大知くん
そして、だいちくん。お店に入ると、上の如く大知くんがお迎えしてくれます。笑。

こんなの今までなかったですから。


今回は、高松の大知くんファンと、武道館LIVE以来の再会。相変わらず、サラサラロングヘアーが
素敵です。お土産まで頂きました。

一足先に大知くんコーナーにいたYさんと、
”嬉しいね~”と。
何が嬉しいって、店内に入った途端、大知くんですよ。BGMが大音量で流れている。
♪しゃうり
その音と大知くんの声に包まれた感で、二人ともが ほっこり。^□^


そして、担当のスタッフさんに声をかけさせて頂いて、
先月の20日に来た時よりもメッセージが増えていて、この間のエピソードやら
丁寧にお話してくださって。
でも、まだまだ足りない事や、課題があって、本当に頑張って下さっているのが伝わる。


今回ちょっとお願いする事もあって、恥ずかしながらのプチプレゼン。
メッセージをお預かりすると同じくらいの 熱を持って話させていただきました。


yさんとメッセージノートをみて、しばし沈黙。凄いね~~~~。
そして、この日ニアミスだった、徳島のファン友さんの大知くん画を見ながら、
ため息をつき、先日お願いした愛媛のOちゃんのイラストをみて、”よ~似とるなあ”と感心。

ほら、ちゃんと四国4県揃ってるでしょ?まだまだ沢山いらっしゃるんよ。

e0100589_23592332.jpg

Yさんに助けてもらいつつ、30枚近くのメッセージを一つ一つ丁寧に貼らせていただきました。
Yさん、流れる大知くんナンバーを口ずさみながら、楽しそう♪^^

【一人一人に いち大知。】

昔こんな事を言って納得したけれど。

大知くんは一人なのに、ファン一人一人に、唯一無二の大知くんが居て、
その想いは大切で、どれをとっても同じものはない。

だからその大切なメッセージを、一枚とて同じものはないように代筆する。
素人の未熟ながらの、熱意と誠意をもって書く。
下手なりの、一生懸命さ。それで、堪えてもらおう。

でも、我ながら、感動しました。
いったい、何人の大知くんが居るんだろう。

この一枚一枚のメッセージの中に、それぞれの人生まで見え隠れ。


いや、大変な事を引き受けたんだな。

けど、だからこそ、見開き1ページのメッセージの整列に感動もし、圧倒される。
”想い”ってとってもエネルギーのあるもの。

タワレコさん!!改めて、これ、凄い企画ですよ。感謝です!


                     ◆
10月6日に 声を上げてから丸1ヶ月。
こんなに凄い事になるなんて。人の影響力。想いの強さに圧倒されます。

声を発することは出来ることです。
それよりも、声を出し続ける力のほうが、物凄いエネルギーが要ります。

たゆまぬ努力。有言実行という事を、誰かさんからいつも教えてもらっている。
だからこそ、負けられない。

ここ、はちきんでも何人かのメッセージ代筆依頼を受けました。

みなさ~~~~ん!!ちゃんと届けてきましたよ~~~~~(^0^)/~


e0100589_021820.jpg

大知くんコーナーから見た、お店の入り口。

ココから見えるあの沢山の大知くんの下に、このコーナーがど~んと位置づく事を夢見て、

まだまだ声を上げて行きます。
大知くんファンを真正面からお出迎えしてくれる場所、
まだ大知くんを知らない人も、すぐ見れる場所。

いろんな課題をクリアしていきながら、タワレコスタッフさんの活動の
ささやかな力になれたらと思います。


まだまだ、メッセージ受け付けています。
北海道や、静岡、ツイッターでは海外のファンの方も参加希望されているのを
おみかけしました。

ほんと!凄い事になってます。

しつこいですが、まだまだ、メッセージ代筆してます。

(次回訪店は、11月20日、NEWアルバムリリース日です。)



by swingbebe | 2013-11-06 23:40 | 三浦大知 | Comments(0)

三浦大知くんファンブログです。メッセージはこちらへ.....swingbebe@excite.co.jp  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31