ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

嬉しかったこと

今、職場で取り組んでいるPJで、自分は進める側の役割なんですが、

いざ、現場に結果を持ち帰ると
担当チームのリーダーから
『いったい、どうしてそんな結果になったのか?』と。

変な方向に動いてないか?

もっと冷静に判断できなかったのか?

そういった言葉をもらいました。


自分が担当しているのは、業務のマニュアル作り。既存のマニュアルと現状をリサーチしながら、そこに確かなエビデンスをもたせ、修正していくというもの。

看護業務の手順書は、市販されているものも数多くあります。しかし、そういうものから導き出すものでなく、常にスタッフ側から疑問をもってもらい、答えを見つけていく。

一つ一つ各部署擦り合わせつつ、それを実践しまた感想、意見を出し合う。
相当気の遠くなる作業です。

今回もその結果を下ろすに当たって、最初から私自身疑問がありました。

"ホントにそれでいいのか?"

しかし、
それはおかしい!という前に、どうしてそういう答えになったかが、重要で、

そこにスタッフが気がつくことが大切。

なので、あえて発言はせず。
業務遂行に無駄な作業は無用ですが、本当に削除してもよいものなのかどうか。

そして、ぶつけてきた先の反応。


嬉しかったです。

なんで反対してくれなかったのか そういう意見もありましたが。そこは甘んじて(笑)。



急きょPJリーダーに報告し、
現行のまま実行することに。

合わせて、今回の結果に至った事についても
そのチームリーダーと話してみました。


すると、うちではまだ解決していなかった問題があることに気付き、そこに取り組みの焦点を絞ろうと。

チームリーダーは、今回の結果を受けて、
難色を示した部署は、うちよりもちゃんとやっていての結果だと思う。

今のやり方を続けるためには、残された課題をどうするかで、答えが出ると思います と。


もう、頼もしいとしか言えない。


ホントに頼りない私でごめんf(^^;






本当に嬉しかった(*^^*)
by swingbebe | 2014-07-10 15:19 | 仕事の話 | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30