。。。。そして今日 という日。

今日は、高校の卒業式があったのですね。

夕方車を走らせていて、花束をもった見たことのある制服姿の女子高生と、そのおかあさんらしき方が、肩を並べて歩いていました。

去年の今日、私の息子も同じ高校を卒業し、あれから、1年。

思い出に残る『伝統の卒業セレモニー』を心に残し、県外で大学&自活をしてます。

卒業する時、”ここ(母校)の教師になる”という想いを、語ってくれた彼は、この一年、いろんなことがあったと思うけれど、今も、彼なりに頑張っていると思います。

~まだ、君の心の炎は、火種を絶やさずに燃えていますか?~

                                ◆
そして、今日は、私の父の命日でもあります。
妹から、『命日だね』って、兄と私にメールをくれた。

私も『手を合わせるよ。お母さんにも電話してみる。皆もすると思うけど・・・』って返した。

さっき、母に電話をしたら、やっぱり、沢山の供物を準備してくれていて。

なんか、キム・ヨンジャのコンサートに行きたがってる。

『誰か誘ったら?』
なんて、意地悪だよね?

ちょっと、一緒についていく算段をしてみようっと。

”かあさん、ゴメン”

                                ◆

今日は、”レオ”のかかりつけの病院に、お薬をもらいに。。。。
発作も無くて、食欲もあって、水も摂ってくれるようになったので、先生に伝えて、お薬の量も減りました。(良かった。)
そしてこんなことがありました。

病院の受付カウンターで。

なにやら、見覚えのあるお顔の方が。
『○○です。』

”!!!!!!!!やっぱり!!”

声をかけたら、満面の笑顔で、びっくりしてました。@@!


なんでも、一昨日、交通事故で倒れた猫を息子さんが拾ってきて、一晩看病して、

「かあさん、僕が面倒見るから、仕事で行かれないから病院連れて行ってあげて」といわれ、
瀕死の猫を連れてきたということでした。

みせてもらうと、

真っ白な毛の、(種類はわからないけど)ブルーの目をした(生後1年くらい)子でした。声をかけると、泣いて返事をしてくれて、でも、どうも喉のあたりが腫れているらしく、

「ニャー」とは聞こえないんです。

やっと、水は飲んでくれたらしく。

「病院へ行くよ」と声をかけると、前足をバタバタさせたと言ってました。

私は帰り際に、

『早く良くなるんだよ』と声をかけて、出てきました。

ほんと、良くなって欲しいです。本当に。

                                 ◆
そして最後に、
以前、在宅の仕事をしていた時に、大変お世話になった方が、今日から病棟主任になる日でもありました。もう一人も同じく異動で。

朝、お二人に、「お疲れ様」メールを送り、今日からの新たな職場でのご活躍を期待し、
時には、遊んでくださいとお願いも兼ねた内容でした。

早速午後お返事をもらい、いままで自由な時間も少なかったけれど、これからはもう少し自分の時間を確保できると、感慨深い内容でした。

また一つ、時代が変わる、そんな日でもありました。^^
Commented by ろ~ず at 2008-03-02 00:33 x
春は別れの季節でもあって

始まりの季節でもある

二度とこない このひととき ひとときを実感させてくれるのが
春なんだなあ と思ったりします
Commented by swingbebe at 2008-03-02 20:10
☆ろ~ずさん
そうなんですよ、3月に入るとめっきり春を感じる。まだまだ、風は冷たいですけどね。^^
卒業式や、送迎会、いろいろと緊張感もたかまる・・・。
Commented by カラー at 2008-03-02 20:31 x
栃木県の公立校は、明日が卒業式になってます。
妹が、大騒ぎしてます。

「先輩が、卒業しちゃう~」と。

1年に1度・・・
春はさみしい季節でもあり・嬉しい季節でもあるんですよね☆

温かさがしみこむ季節ですね♪
Commented by swingbebe at 2008-03-02 20:38
☆カラーさん、
そうなの?公立高校は、全国同じだと思っていた。

在校生にとっても、思い出になる儀式ですものね。

確かに温かい気持ちになるよね。
by swingbebe | 2008-03-01 20:54 | 日記~今日思うこと~ | Comments(4)

三浦大知くんファンブログです。メッセージはこちらへ.....swingbebe@excite.co.jp  
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30