ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

ありのままに。


私の中にあるこだわりを捨ててみた。

私の中のルールは、私だけのもの。
誰かにソレを強要しても、後ずさりする靴音だけ。


私の中の外套を脱いでみた。

傷つく事の意味を私なりに理解して
そうやって、学べることもあるんだと知る。


声を出すために勇気をふるってみた。

こんな大きな声が出るなんて
私のイメージがどんどん変わって行くのがわかる。


すこし心を許そうと想った。

信じてみようなんておこがましいが
やってやれない事はない。

わがままを言ってみた。

誰に何をどう想われようとかまわない
時には、おもいっきりダメだしを食らおう。

そして、何にも身にまとうものがなくなったとき、
本当の私らしさに驚いている自分に気付く。


                            ◆
色んな自分の表情を知るたびに、戸惑います。

けれどきっと、”私”は私でしかなくて、色んな面を持ち合わせて”私”なんだ。

今日は、そんな事を考えていました。
Commented by カラー at 2008-03-22 07:26 x
久々に、べべさんの詩を見ました。
自分自身も色々な“顔”を持ってますもんね。
でも、人によって・・・態度を変えるような人にだけはなりたくないです。

ありのままに、素直にいきたいです!!
Commented by maggy at 2008-03-22 16:43 x
とっても共感する詩でした。

自分の心にあるベクトルはあくまで自分で作ったもので
自分でしか分からなくて・・・

そのベクトルに近い人と話すのはとっても気が楽だけど
それだけじゃないですもんね・・・

大人にならないと・・・
Commented by swingbebe at 2008-03-23 18:06
●カラーさん、
そうだね。私はついつい八方美人になってしまうことがあって、自分にもっとしっかりしなさい!!なんて言ってたりしますよ。

”出来ない”がいえなくて、失敗を恐れて、一歩も前に進めないことも多々。でも自分を理解できるのも自分だよね。
本当、素直に生きたいよね。
Commented by swingbebe at 2008-03-23 18:11
●maggyさん、
大人になる・・・いまだにわからないところがある。笑。
ただ、相手が何を自分にもとめているのかとか、ちょっと考えたりしますよね。

若いうちは、どんどんぶつかることのほうが、人間寛容になっていくって誰かが言ってた。その方向へ進めればの話。
やはりお互い譲り合う気持ちが大事だったりしますね。^^
by swingbebe | 2008-03-21 22:50 | 詩(うた) | Comments(4)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30