ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

子供を共に育ててくれた先生

朝、洗濯物を干していた時の事、家の前の道を、ご近所のOさんが通りかかって、私のほうから

『おはようございます』とあいさつしました。

『あらっ、あらあら?まあどうしよう・・・。』
「・・・・・・・?」

『まあ、大きくなって・・・まあまあ・・。』
『』

Oさんは、ご近所さんでもあるけれど、昔子供達を、託児所に預けている頃にお世話になった、ご年配の保母さんです。

で、Oさん、

完全に私を娘と間違えていて・・・。ちょっと話の展開がおかしな方向へ行きそうになったので、

「娘は、来月帰ってくるんですよ!」って、話したら、

『あらま、どうしましょ、昔は全然似てなかったのに・・。こんなに小さかったのに・・・。』と
まだ、娘と思って話してくれているみたいで、悪い気がしなかったけれど、

「娘はまだ、あちらに居るんですよ」って話して、初めてわかってくれた。

『あら、お母さんやった?いやあ、びっくり。』と。


久々、嬉しかったな。若く見られて・・・。


あの頃完全な新米お母さんだった私を、周りの方々が、助けてくれて、子供達もそんな人たちに囲まれて育ってきた。仕事をしていた事もあったけれど、決して親だけで育っていない。

感謝しています。

子供達が大人になると一緒に、O先生の背が幾分丸くなられていて、時間の経過を感じます。

いつまでもお元気で。
by swingbebe | 2008-07-22 12:23 | 日記~今日思うこと~ | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30