ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

働き者

e0100589_20363379.jpg


まるで、筆でかすれた線を描くような雲の群れでした。昨日のことです。一番上に晴れた日のぽっかり雲、その下にかすれた雲、その下には、曇った雲。三層に重なって、縦横無尽な動きの不思議な空の風景でした。

空を見ていると、世の中の嫌な出来事、自分の日常の有象無象、全て忘れるようですね。

そして、お友達や、大知くんや、徳さんや、みんながこんな晴れた空を見て、何かを感じられるといいな、なんてぼんやり思っていました。

先日実家に帰っていました。
母の畑で獲れる作物を頂くのと、先日載せた叔父のお見舞いに行くのに、母を迎えに・・・。


お昼”LOFT”でご飯を頂きました。

卵焼き定食。美味しかった。母、”から揚げ定食”。母は、から揚げが、ご馳走なんですよ、何でだろう?未だにわからないんですけど。

座って待っていると、おそらく母の知った人なんでしょう、
「あら?こんにちわ」
っていう声とともに、隣のテーブルにつかれました。

田舎って、何処の誰が、何をしたかっていうのが、結構広範囲に知られていて、それが嫌で都会に出て行く人も居るんだけれど。

案の定、そんな話をしていて、どこそこの誰々は、こうやったんやね?

なんて、会話がしきりに飛び交います。

噂話っていうより、質問しあうみたいな。

もう若くない母ぐらいの年齢の方々の話題は、専ら健康の事。そばで聞いていても、よく知ってるわって感心します。

そしておもむろにその方が、
『この叔母ちゃんは、働き者や』と、私に母のことを話してくれました。なんだか、嬉しかった。

確かに娘の私が見ても、よく動く。一時期、膝を痛めて動けない時、とっても悔しがっていて、早く動きたいって言ってましたし。

昔の人は、働く事は当たり前。
働かざるもの、食うべからず。

食べるために、働く・・・この精神だったですよね。

若い頃は、もったいないって事の本当の意味を知らなかったけれど、
今は、家庭菜園なんてやってると、野菜が冷蔵庫で腐るなんて事はないし、使わないものも、何かにリサイクルする事にして、出来なくても、新たに購入することは、激減しました。


大事なことです。


母の手は一段と節くれて、もう真っ直ぐに伸びないけれど、それは働きすぎてそうなってしまったもの。けれどその手から生まれてくる、野菜や、料理は、私にとっては、ご馳走で、宝物です。


倹しく生きること・・・素敵だなって思います。
by swingbebe | 2008-11-27 20:33 | 日記~今日思うこと~

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31