ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

カテゴリ:徳さん( 4 )

Hideaki Tokunaga ’08「SINGLES BEST」

コンサートツアー。

行ってきました、Hideaki Tokunaga Concert Tour ’08「SINGLES BEST」

さっき帰宅したところです。今日は妹と行きました。

去年同様、SOLDOUT!!

妹に、息子が6ヶ月でおなかにいる時に聞いた”最後の言い訳”は心に残っているんだよって、開演前に話していたら、

1曲めは、♪最後の言い訳  でした。
すごく驚きました。

妹はそれほど聴いているわけではないけれど、彼女にもわかるくらいのナンバーの連続。しっかりきいてくれていました。

私が徳さんのロックが好きなことは以前にも書いたけれど、(もちろんバラードもいいんですが、)徳さんのシャウト気味な高音とあのメロディーは、まだ若かった25才の私には衝撃で、とっても勇気をもらっていました。

そんなアップテンポな曲もあり、やはり前のほうの席は、ファンクラブ席で、乗りもタイミングも絶妙。私も負けじと立ち上がって。妹も誘ったけれど、にやにや笑うだけで、座っていました。

そして、少ししてから
前が見えなくなって・・・と笑いながら、立ち上がりました。
(本当に素直じゃない・・・笑。)


でも、曲が終わる頃には、拍手と共に
『最高ーーーーッ!!!!!!!』と叫んでいました。

(まったくこの子は!!)笑


ラストのほうで、ポツリと
『徳永さんてさ、ライブの歌のほうが上手いよね』と。

CDとかで聴くよりも感動したらしい。
そうそう。徳さんて、ライブの後に、余韻に浸ろうと思ってCDを聞き返しても、なんかちがうんだよね。

徳さんは、ライブありきの人。あの声を肌で感じてほしいアーティスト。


今回のコンサートは、以前のオリジナルを沢山歌ってくれて、それも、以前の歌い方で。


そんな徳さんが、
「全国津々浦々、ファンの層も幅広くなって、本当に応援してくれているのがわかります。これからも僕も出来るだけメディアにでて、僕を見てもらおうと思っています。」
って言っていたけれど、

ライブももっと見てもらえるように、テレビにも出てくださいね。徳さん。

あんまりライブのことを書くとネタバレになるので、ここら辺にしときます。

そうそう、これからコンサートに行かれる方、ラストのラストに感動が待ってます。特に、私みたいに長~いファンには。

やっぱり男前です。徳さんは。

それから、今後のツアー会場もすべてSOLDOUTらしいですから、どうかどうか、徳永さん、
体だけは大事にしてください。


今日の徳さんのキーワード  【信頼と感謝】です。

紅白も出るので、楽しみです。
by swingbebe | 2008-12-04 23:17 | 徳さん | Comments(0)

ここにあった。

 
徳永英明 『MY LIFE』。

実はこのアルバムだけ持ってなくて、ファン失格。


確か療養から復帰してからのアルバムだったと思うけれど。今の自分を納得させてくれる歌詞なの。

ここにあった。


とっても心に響く歌詞です。じっくり聴くと涙出て止まらない感じ。


あの日僕の心に舞い降りた夢の色は
とても輝いてたから明日を照らした

たとえ傷つきながらも
たとえ迷いながらでも
しっかり心を抱きしめた

これが僕の生きる道だからと信じ
強く駆けだした
不器用なほど躓き転んでいても
夢はなくさない

どんな時も僕は顔あげて声をだして歌うよ




徳さん、ありがとう。
勇気もらった。

私もがんばろうっと。


今日は、夜勤。

また明日。
by swingbebe | 2008-04-17 10:58 | 徳さん | Comments(4)

人生の転機に。。。


自分の言葉が思い通りに届かずに、
行き場を無くして空ではじけた。

あの頃聴いた曲は、私へのエール。
”あなたの今は、あなたのもの”



昨日見た”徳永さん”。よかったなぁ~~(//▽//)。
なんか、前にも書いた気がするけど、未だにROCKな感じの徳さんにこだわっていて、”輝きながら”のイメージではなかった私。だから、最初テレビで見たとき、実は好きではなかった。だから、セカンドアルバムを聴いた時、カルチャーショックだった。
こんな透明な声なのに、なんて男っぽいメロディと、ボーカルなんだろう。
(・・・そんなことを、徳さんも感じていたんだ・・・。)

”最後の言い訳”を昨日ライブで聴けて、嬉しかった。
初めて聴いたのは、初めてのコンサート。丁度、高知学芸高校の上海列車事故のあとで、
”ご冥福をお祈りします。”と、悲しみにくれる高知のファンの前で、ご家族の、友人の気持ちをいたわるように、優しい言葉を添えて、歌ってくれた。

私には、あの曲がとても思い出深くて、10月の高知のコンサートでも、やはりとっておきとして歌ってくれた。

以前にも書いたけれど、初めて行ったコンサートは25歳の6月9日だったと記憶している。今年19歳の長男がお腹の中に居て(5ヶ月くらい)、そのころ、職場環境(人間関係)で悩んでいて、なにか、辛い毎日を転換できるきっかけを探していた。
家に帰れば家族が居る。忙しく毎日を過ごすなかで、救いは娘の笑顔。
けれど、人の心はそれほど強靭ではなくて、いつか、私の”心”も、固く固くなっていった。

人生の転機が、いつかと聞かれたら、一つはこの時かな?

固くなった心が、少しづつほぐされていった。
徳さんに巡り会えた事だけじゃなくて、職場環境にある変化があって、

・・・救われた・・・。

出来れば経験する必要の無い辛い時期を、何かのきっかけで、抜け出たい、。抜け出したいという思いが、手繰り寄せた出来事。
あのまま、何もせずに居たら・・・。


自分のことが嫌いだったあの頃、
何の勇気も持てず、さらけ出す事も無く、
自信の無さに納得する毎日

けれど本当の自分は、もっと”私を見て”欲しかった
もっと素直になりたかった。

そうすれば、またこの場所で、本当の自分が笑っていた気がする。


25歳の転機でした。

昨日の徳さんをみて、そんなことを思い出しました。

転機ってそれぞれだけど、なにかが変わる・・・それを実感した時期でしたね。

徳さんの”MEMO”の詞です。(カラオケ、必ず歌います^^v)

自分の弱さを言葉に出来たら
何かが吹っ切れていくだろう
そんな僕に会える日を僕は信じてきた

~~~

僕の心に残されていたMEMO
君の事に使えるならいいけど
僕は僕 君は君 あるがままで

by swingbebe | 2007-12-22 22:48 | 徳さん | Comments(4)

徳さんに逢ってきました。


Hideaki Tokunaga Concert Tour‘07~‘08  ”VOCALIST&SONGS” in 高知

久々徳さんの”生声”を聴いてまいりました。
徳さんの”喉”進化してました。どんな歌を歌わせても、透き通っている。

私は、徳さんのオリジナル聴きたくて行ったんだけど、出ました。

『僕のそばに』!!!!
♪もしもぉ~寂しいならぁ~、僕のそばにおいでぇ~~♪

この歌の、

♪胸の鼓動だけがぁ~時を刻~んで~いくぅ♪の  きざぁんでぇいくぅぅ~~の

”・・・ざぁんで”のところの音の高さ。これを綺麗に出す。ココの音ダシがすっごく好き。

『桃色吐息』でも

♪きんい~ろ、ぎんい~ろ、も~もい~ろ・と・い・き  の  ♪も~もい~ろ のところが、
やっぱり同じ高さ。


もう、鳥肌でまくり。

SOLD OUTってことで、なんか入手困難なチケットだったらしい。
今回四国は2箇所だけで、他県のファンの方もいらしてた。

高知は盛り上がりが、よそと違っていて、よろしくない。

昔徳さんに「高知の方はエネルギッシュかと思えば、シャイな方が多い」みたいな事言われた記憶があって、ライブの盛り上がりに関して、凄く考えるようになったきっかけの言葉。

そしたら、徳さんも『以前、高知に来た時に、そんなことを言った記憶があります』って言ってた。覚えていたんだ。

今日はアンコールの時に、ファンの方だろうね。最前で、赤い帽子を被った方と、白いジャケットを着た女性が、なにやら両手で徳さんの歌に合わせている。

”今はこんな風になってるんだ”

そう思って、後ろから見てました。

徳さんは、目を閉じて静かに歌っていました。

すると、一列目、二列目、三列目、と立ち始めた。それも、彼女達の振りを見よう見真似で一緒にやっている。

歌が終わり、徳さんが、

『いやぁ にょろにょろを見てる心境でした。ムーミン谷の・・。前から順番に手を振りながら立ってくれて、泣きそうになりました。嬉しいです』

って。

徳さんのLIVEは、いつも1回のアンコールなんですが、今日はアンコールラストで、いつまでも拍手が鳴り止まず、徳さんも後ろ振り返りながら、涙をぬぐっていた様子が、私の席からもしっかり見えました。


連れのいとこは、途中立ち上がって、盛り上がっていたけれど、後ろのおじさんに
『見えん』と、注意され、一時二人供、一気にテンション下がりましたが、

ラストアンコールの時は、周りも立ち始め、私も立って、で、後ろに気を使って立たなかったので、『スタンディングオベーションやき、立ち上がっていいよ。』って言って、
立ち上がらせました。

結局、大知君ライブ同様、

徳さん&バンドメンバーで、手を繋ぎ一礼。

それでも拍手は鳴り止まず・・・。
徳さんは、大きく手を振って、嬉しそうに袖に入っていきました。


その後、暗転から一挙明るくなった客席では、

またもやアンコール。今までのライブでは、なかったことです。


結局係員のお兄さんに誘導されて、徳さんのコンサートは終わったわけです。


嬉しい盛り上がりを見せたとき、徳さんが言ってくれたこと。


『皆が神輿を担いでくれたら、僕らはもっともっといいものが生まれる』と。徳さん自身も、高知の今日の盛り上がり喜んでくれました。


行ってきてよかったです。
by swingbebe | 2007-10-28 21:28 | 徳さん | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31