ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

カテゴリ:ライブレポ( 66 )

「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013-Door to the unknown-」@大阪(824)~その②~

(ネタばれつづく)

今回のLIVE。
ステージ後ろに映像が流れるシーンがあって。

アロワナが映った事も・・・・・・・あった。(らしい。自分が見たかも忘れちゅう 笑)
大阪では、なかった。

The Answer のMVが流れ
”人気やったんやね。やっぱり”と、娘。

”お"~~~~~~~~~~~っ!!”とか、”きゃ~~~”とか”ほ~~~~~~”
とか、この際どっちでもえいがやけんど、歓声があがり、大知くんが登場する。

わ~~~~~きゃ~~~~~~っ!!  ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー ←(こんな感じ)

もう、王子様扱い。笑。ハートマークがあちこち飛びゆう。

そして、何より切ない、ソロダンス。
あのドアと、傘。
あの傘を落として、大知くんが何をするか  するか。。。。

(フォッフォッフォッフォッ(`▽´) 内緒。笑)

でも、会場がシ~~~ンとした中、ぅわ~~~っ(//へ//)と思った方もいらっしゃるろう。
下世話な事は言っちゃいけません。愛です!愛。

(おふざけはこの辺で)


そして、最初っから一目ぼれしたカバー曲。
「Bob Dylan / Make You Feel My Love」(ギター弾き語り)

ほんと、泣きそうになった。
なんで、この人はこんなに音楽に真っ直ぐなんやぉ。
何を歌っても、様になるし、ちゃんと”三浦大知の世界”が そこにある。


後半、上がる曲で会場はかなりもりあがったんやけど、

どの曲かのダンスで、大知くんが3回転ぐらいターンするんやけど、

汗が。。。。汗が、そりゃあ綺麗に飛び散ったの。
なんというんか、
しっかりした軸の回転にしか見ることの出来ん綺麗な線。

美しい。。。。


けんど、あれは、ダンサーさんにも、1列目の方にも、飛んでいったんじゃなかろうか?
(ファンはある意味嬉しいろう)

しゃうり(SHOUT IT)は、私でも拳高々上げて、ジャンプもするで。
JUMP!JUMP!言うてくれゆうし。笑。

大阪国際、満員御礼のLIVEで総JUMP!!
事件です!! 床がかなり揺らいでいました。


Inside Your Headは、私の中で進化していきゆうように思う。
改めて、感謝のナンバー。

年月が経つほどに、大知くんのあの時の気概が感じられ
懐かしさと共に、”本気”を見せつづけてくれゆうことに
尊敬。
今見ても、あの気迫のダンスはかっこえい。

次の曲は、凄いサプライズやったき、
途中から気がついた人、最初からわかっちょった人が
それぞれに、

ほ~~~~~~っと、もう羨望のまなざし。

大知&ダンサーのチームワークと ダンサー5人シンクロする様は、
天晴れの一言。

あれを見れるのは、そうそうないことやないかな?

もうね、ごーふぉえっ(GO FOR IT)は、
大知くんが煽る、ダンサー陣のキレッキレのダンスが炸裂
会場が、もうお祭り騒ぎにテンションMAXですわ。

”キターッ!!これは、上がるろぉ!!”
(冷静なんか、はじけすぎちゅうんかわからん娘が ポツリ)


Two Hearts は、フルアカペラ。
でも、大知くんごめん。


大知くんがステージせりまで出てきて
会場がシ~~~~~~~ンとなっちゅうのに、

親子で見ゆうきか、なぜかアカペラ忘れて、娘と苦笑。(あれは、今でも意味わからん)


でも、娘は”三浦大知は、歌が上手いのはもう当たり前のことなんよ”
と、絶賛しよった。

本当、大知くん歌がどんどん上手くなっていきゆう。


いや、上手いのは、子供の頃からやけんど、
大知くんレベルでの向上やきね、誤解のないように!!

ここで、大知くんとクルー(ダンサー&DMバンドの紹介が終わって)が手を繋ぎ
一例。

で!終了。




















・・・・・な、ワケがない。

アンコールもばっちりあるで。会場ごとその盛り上がり方は違うけど。
みんな合わせようと必死。


だいちっ!!・・だいちっ!!・・


大知くんがでてきて、また歓声が上がる。


こっから、初めてのMC。
とにかく人柄が前面に出るね。

ちょっと人の物まねなんかして。。。
(でも、だんだん上手くなりよる)


お誕生日ということで、さぷらいず。

KAZUKIさんが、ケーキを大事に大事に運んできて、
消えたろうそくに PURIさんが火を点け、
会場全員で、

♪Happy birthday を歌う。

Dear だいちぃ~~~~~♪ はっぴいばーすでいとぅゆぅ~~~♪

右端から一気に 吹き消す大知くん。


拍手、拍手 いやああ めでたい(わぁい ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ わぁい♪ )

「これからもずっと歌い続けます」みたいな事を言ってくれてた。


もう、この瞬間が幸せ。。。。。(T^T)号泣。。。

e0100589_05366.jpg


ラストの曲の  あ゛~~~~~~~~~~~っ については、

詳しくは述べないけど、あれ聞くと涙が出る

いい曲です。
とにかく踊る、踊る、そして踊る。
叫ぶ
歌う踊る。こんな感じ。


でも、私 I’m On Fire だっけ?
これ、激ハマリ。

とにかく、824LIVEは最っ高の お祭りやった。

つたないレポを最後まで読んでくださって、ありがとう。
by swingbebe | 2013-09-04 21:20 | ライブレポ | Comments(0)

「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013-Door to the unknown-」@大阪(824)~その①~

(ネタばれます)



2013年8月24日、大阪国際会議場 グランキューブ大阪 メインホール
別名~824LIVE~  なんなら、~お誕生日LIVE~とでも、言うちょこか?笑。

この日ばっかりは、大知ファンやったら、特別盛り上げたいし、
とっておきな気持ちで集まっちゅう。

三浦大知くん、26歳のBirthday
(お~~~~~><、もうそんな歳になって。。。。)シミジミ

特別やき、ちょっと長めなレポになるかな。

**************

この日、大知友と到着したグランキューブのエントランスでは、
早いこと、沢山のファンの方々が集まっちょって、
私らの到着もそれほど、早うなかったがやけんど、
お知り合いの大知くん友、はじめましての方ともお逢いする事が出来た。

あ、それと、私の娘。
今回は、ここしか参加できないとあって、一緒に楽しもう!!という事になり。
武道館LIVEでも、大知友の皆さんによくしてもらい、あれ以来
私共々、仲良くしてもらっています。
(ほんと、ありがたい)

**************
中に入ると、グッズ売り場の傍らに、沢山のお花が。。。。e0100589_23313978.jpg


ファン友さん方の渾身の出来ともいえる花台がいくつかあり、
MJTVさんや、FM802さんからのお花も。

毎年、これをみては、写真撮ったり、皆で喜びおうたり。


**************
今回、大知友さんのご好意で、親子二人良席で見させていただくことになって、
(ち、近い。。。 Σ(゚∀゚*) )

感謝です。

当然娘は、初めてやき、最初のあれに・・・そう思うただけで、ムフフフ。。。

**************


会場が暗転して、”大知くん、そこにおるよ”と娘に耳打ちしたあと、
ぅわ~~~っ と歓声が。

もう見慣れちゅうはずのオープニング。

・・・・・・・当然


・・・・・・・ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
(初めて見た人は、そうなるわな)

この時点で、皆なぁの集中力あ~~~っぷ!!  笑。

新曲からの、♪らいなう(Right Now)、そして♪えれべいら(Elevator)
そりゃ、盛り上がりますともさ。

娘と二人、お祭り騒ぎ。
今までの会場では、このくだり、圧倒されてしもうて、もうお口ポカン状態やったのに、

親子はいかんですわ。横で楽しそしうにノリよったら、ツイツイ。(¨ ;
えれべいらも、あのノリで大知くん向け、両手で指差し

”あんた、やってくれるやないの!!”ばりの、賞賛ポーズ。
他の人にはわからん、二人のノリで、武道館以来の上がり具合。

楽しいわ~~~~♪あんたと来れてかあちゃん、幸せよ~~~(決して言わんけど。)


ここで、平凡な疑問。
大知くんのこのときの衣装は、最初からこれやったんやぉか?
お誕生日やき?テーラードジャケット(いや、ベスト?)
カラーが、ビーズ仕上げ?
ほら、覚えてないろぉ?
ドアツアーは、それくらい記憶が曖昧。(私だけか?)

レポを戻して、

ステージはやや暗くなり、天井からぶら下がってくるマイク。

BABY JUST TIME

そりゃ、大知くん全力よ!
ドヤ顔という言葉も、懐かしゅう感じるぐらい使うてなかったけど、

満面ドヤ顔!フルドヤ顔! ドヤ顔満載   笑。

また、声が良いろぉ?

いちいち身のこなしが スマートやぉ?

で!かっこえいやん!!

はなぢもんやったで。


そして!!
大知くんには、赤のぴんすぽが大変似合うちゅう。

もう、大絶賛!

ふ~ざまん(Who's The Man)が、あんなふうに様変わりしちゅうのも個人的に好き。

まあね、ダンスコーナー(I Get A Kick Out Of You )

そりゃあ、みんなぁ楽しそうやった。PURIさんも、相変わらずひょうきんな登場するし、
NOPPOさんは、手足が長うて、とにかく目立つ。
しょ~たさんの素敵な笑顔と、KAZUKIさんの身のこなし。
チームワークがえいのは、何ちゃあいわんでもわかるでね。

そして、そして、可笑しかった大知くんの小芝居。
最初みたときよりか、よりコミカルで、より観客に近い感じの巻き込み方しよった。

ひっぷの(Hypnotized)を聞いたら、ホッとするんは、私だけやぉか?
懐かしゅうもあり、PURIさんがとにかく映える曲。(確か、彼のコレオやったよね?)


ハーフ(Half Of You)
これは、またまた、全力。
娘 ”大知くん、かなりやね”(通訳:凄い ということです)


この曲の前にFar awayがあったと思うがやけんど、より清清しかったし、
名古屋、博多のそれとは、違う気持ちで聞けたがよ。(何でか、自分でもわからんがやけど)

とぅいんくる(Twinkle Shiny Star)
これも、ようあがったわ。
あのステップ、よう響く大知くんの声。

まっこと、楽しい o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o


ちょっと、休憩ね(´~`) (~その②~へ続けます。)
by swingbebe | 2013-09-04 16:04 | ライブレポ | Comments(0)

「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013-Door to the unknown-」@福岡

(ネタバレます)福岡2日目

今回のツアーは、新曲が多いでね。
これは、嬉しいことやけんど、かなり翻弄される!!

私もその一人。

しょっぱなからの曲もそう、その後の♪Baby just time だって、年の初めに聞いただけ。


天井から降りてくるマイク。それを握り締め、ドヤ顔の大知くんが、歌う。
かっこえいやん!

大知くんの声は、力が入るほど、ブレスが荒い・・。
(あ~下世話な想像しなや。そういうブレスじゃないがやきね。)

けど、好き(//▽//) ポッ。


2Door目。

初見の衝撃は、さすがにないけんど、それでもちゃんと記憶してなかったき、
記憶のパズルに、足りないピースを埋めるような

そんな2回目。

もうちょっと落ち着いて見れたり、もうちょっと好みに没頭できたり。

あのソロダンスの切なさは、やっぱりここでも伝わる。
傘の開くタイミングが、グッときたり、パタンと締めた扉の向こうに
どんな感情を置いてきたがやぉか な~んて思うたり。

ダンスコーナーでみる、ひょうきんな大知くんの小芝居に磨きがかかっちょったり。笑。

いっつも同じじゃないから、いくつも見たい。


今回福岡では、ちょうど器材の前。
後席気にせんでもえいがや~と、少しほっとしたんやけれど。


あ~でも、あの席は、暑い。

途中、興奮しすぎて暑いのか、汗だく。笑。


***************

はっきりと大知くんの顔が見えんでも、パフォーマンスのダイナミックさや、

ステージをフルに動きながら、歌う大知くんは、すぐそこに居るようなスケールのデカさ。


”今回のステージは、どこからでも見える”そんな風に感じたLIVEやったけれど、

ステージの遠さや、人の波間から見える様子からでも、


【大知くんの気迫】が伝わる。

本気でかかってくるパフォーマンスを、どこからでも受けて立つ!!!

いやいや、そんなパワーはないけんど、
そんな気概をもって臨みゆうき、

不思議と握りこぶし。e0100589_1315517.jpg

不思議と緊張。

当然、驚愕。
当然、打ちのめされる。


あ~あ、結局 翻弄される の図。 笑

**************
福岡サンパレス。

extime ツアーに引き続き2回目。


大知友と話しこんで危うく、バスを乗り越しそうになったり、待ち合わせに戸惑ったり。

それぞれが思い出。大事な思い出。

今年も、福岡のLIVEは、優しかった。


本当に音楽が好きな人が集う街。
うぇるかむな拍手から始まって、だんだんとステージを包み込んでいく様が

そのど真ん中に居って、伝わってくるがよ。

音楽に酔える街。

2DAYS お疲れ様。
by swingbebe | 2013-09-02 11:01 | ライブレポ | Comments(0)

「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2013-Door to the unknown-」@名古屋

(ネタばれます)


 7月15日 名古屋国際会議場 センチュリーホール初めて行った名古屋には、ブログをはじめた頃知り合った方が居ってね。

けど、ひとっつも逢える機会がなかった。


やき、今回どうしても名古屋に行きたかったがよ。
結局、彼女とはスケジュールが合わず、逢えんかったけんどね。


*******************************************

さあさ、レポを書こうか。

前にも書いたけんど、前日急遽西宮ガーデンズの握手会にいけることになって、
夜勤明けの疲れたお顔のまま、遠征にでたがやった。


名古屋国際会議場 センチュリーホールは、とっても綺麗な外観と、結構華美な作りで。

でもそこに行くまでの風景は、なんか懐かしいような町並みで。


***************


頑張る・・・大知くんのあの言葉を心のどっかに潜ませて見たオープニング。

衝撃よね~。あんなん。
直前の大知くんが見た景色は、どんながやったんやお?

せつのうて、周りの歓声も遠お~て、何がおこったがか、ぜんぜん理解が出来ん。

こっから、ずっと 振り回されっぱなしやった。


攻めてくる。。。追い込んでくる。。。

そんな言葉が似合うがやないかと思うたちや。

いっつもやったら、ノリノリな曲やのに、前の席の背もたれに手をついて
ずーっと見た。

棒立ちなんかやない。
なんや、ノルよりも、目を離しとうない。動けん。
これが、正直な感想やった。

大知くんに、何が起こっちゅうのかがわからんけど、何かが伝わってきゆう。。。



本気で、攻めてきゆう。


となりの大知友が、”全力でかかってきてる”みたいな事を言いよったけど、

ほんと、120%の余裕?、大知くん 凄すぎませんか?

本気の裏に込められた気持ち・・・どんなかね~。



私がこの日最初に気に入ったがは、

あの、カバー曲。大知くんのファルセットが綺麗。こう、ひっくり返る時の
ゾクッとするような、色気。

ギターを弾く男性に憧れて、自分もギターを始めたけんど、

やっぱり、男性には、かなわん絵姿や(惚れ惚れ~~~~)



ソロダンスの曲と、大知くんの表情が悲しいくらい合うちょって、
なんや、こっちまで苦しゅうなる。
LIVEというよりは、ショーを見ゆうような感覚。


とにかく、Harf Of YOU に圧倒される。
西宮でもみた、パワフルなパフォーマンス。
ステージを縦横無尽に、まるで全身全霊をかけて”告白”しゆうような



ドアツアーは、全力を感じるけんど、けっして重々しいわけじゃあなかったがで!

ダンスコーナーは、ひょうきんやし、がっつりノレルナンバーも沢山あったし。


最後の 新曲。

あれにも度肝抜かれたちや。


「あ”~~~~~~!!」

あの声が全てです。(なにやら、意味がわからんろう?笑)

この日は、この曲を聴いて、あの声を聞いた途端、

ツーッと、なにかが溢れてきたがよ。



ずーっと思いよった気持ちの封が、ちょっとだけ、開いたかんじ。

他にも初DOORの感想いっぱいやけんど、ここいらにする。



あ、大知くん、噛んだで。笑。(後日、本人も話よったけんど。)
by swingbebe | 2013-08-29 01:29 | ライブレポ | Comments(0)

MTV LIVEDAM Sing for Smile Tour 2013 @広島 その②

いよいよ、三浦大知くんの登場。

・・・・と!その前に、
************************
楽しいLIVEやからこそ、守りたい事があるんやと思うたんで、書いとこうか。
大事な大知くんLIVEレポの前やき、堪えて読んで欲しい。

大知くんLIVEの前に、私の周りがなにやら、不穏。
それまでしっかり余裕で立っちょったのが、急に窮屈になって、
アリサちゃんのMC中も、なぜか ざわざわ。

いや、それまでにもアーティスト前後に、小競り合いみたいなのが、あったがよ。
私もしっかり押されて、倒れそうになったり、

でもね、周りのみんなぁが 
それは間違っているよ という事をちゃんと伝えよった。

私も”あぶないよ”とだけ言うたけんど。

それぞれのファン、それぞれの想いがあるがよね。わかるよ。
でも、みんなぁがそれをやってしもうたら、
あの小さい箱の中やき、とんでもないことになるろぉ?
今日のこの瞬間を楽しむために集まったファンたち。

ワンマンでもそうやけど、こういうイベントLIVEでも同じ事が言えるがやないろうか。
それぞれが譲り合いながら、ありがとう言うていい思い出を持って帰る事を
きっと、アーティストさんも、アリサちゃんも、MTVさんも願いゆうとおもうで。

楽しい思い出を、この1回こっきりの瞬間に作り出せる、思いやりが
感謝に変わっていくんよね。

***********************************
ツラツラと書いてしもうたけんど、本音やきね。
皆で楽しもうやね!?

じゃあ、気を取り直して大知くんLIVE書くで!! b(^0^)

まあ、とりあえず大知くんが紹介された時、私は真っ直ぐ立てんかった。
身体が斜め半身で 迎える三浦大知LIVE。

(ここまで、しっかり見えたのによぅ~~~泣。)

♪Black Hole (イントロ)
が流れて、暗い中、ダンサーさん達が出てくる

やっ!?プリさん! kazukiさん! アキヒロさん! Oguriさん!
ダンサーさんが出てきてフォーメーションを組み、その後大知くんが出て来ゆうのがわかって。


キターー(゜▽゜)!!!!!!!!!!!
まあ、こんなテンションやった。私。

この会場に大知くんファンがどれくらい居るろぅ?見たことない人、聴いたこと無い人、
皆ぁにみせちゃりたい!!


2. Elevator
いやあ、もう、この曲で始まるんかい!!
めっちゃいいやん。キャッチーな曲やで。

大知くんの姿がこのとき、やっと見れて、水玉のシャツに小さなドットのベスト。
シャツの袖(5分袖)の外側ラインが幅広の白のライン。

おっと~~~~大知くん、シャツのラインがきっちり見える。かなりスマートさんな様子。

黒のパンツ(これ、なんとかいうのよね。忘れたちや)も、ポッケの周りのラインがちょっと変わっちょって
足もとが見えんかったのが残念!!

とにかく足の動きを見て欲しいダンスやき、ドラムの音にあわせた刻み方が
途轍も無う 心地えい!!

普段私は、あんまりジャンプとかもせんのよ。
けど、隣のふぁん友さんの ”大知ぃ~~~~!!”の声に触発されてか
いつもの 7割増しな感じで  飛びました。え~、確かに飛びよったわ。

聴いた事無い人も、なんか影響されてか、一緒に飛んでくれよったよ。
やき、もう 幸せやった。
何が幸せかわかる?

大知くんが、ものすごい笑顔で、嬉しそうに歌い踊ってたんよ。
それを見たら、こっちも嬉しゅうてね。

♪Touch Me

これも、ほんま大好きな曲やしっ!!

”STEP!!”の、ランニングマン。じらすほどの”溜め”

どうよ!。

だいちくんの声の伸びも良かった。
いっつも見ゆう、聴きゆうのに、今日は他の人らぁに知ってほしゅうて、

もう、誇らしゅうて、自慢で、
大知くんが喜ぶやろうキャッチボールに応えるべく
ファンの反応は かなりやったと思うで!!

4. Your Love

スローテンポなこの曲も、大知くんの武器。
KREVAさんの声は聴いた事ある人も多いがやないろうか?
やき、すこしクールダウンしもって、身体をSWINGさせながら、
ただただ 音に漂うように聴き入ってしもうた。

でも、やっぱり大知くんのパフォーマンスを知ってほしゅうて

胸の前で、いつもより大き目のハートを描いてみた。

あ~もう、ステキ過ぎる。かっこよすぎる。

いや、この会場の雰囲気もしっかり影響しちゅうきね。
三浦大知を知ってもらえるこの時に、こればあの幸せがもらえるとは。
(密かに、ウルウル)

MC
もう、どっちが先かもわからんけど。

「GENERATIONS さんや、U-KISSさんの後に出てくるのに、こんなシャツでいいのか」
なんて事を、さらりと言って、笑わせる。

『皆さん!!バレンタインデーですね!!』
(決して、要求しゆうわけじゃないんやけど、あんまり笑顔で言うき、くださいって言いゆうがやぉか
と、私密かに誤解する)

凄い印象的やったのが、限られた時間の中で、思いを共有しながら、共に楽しみましょう。みたいな事を
熱弁しよった大知くん。
ニュアンスが違うかもしれんけど、↑の言葉を、かなり沢山の形容と、熱い表情で語るものやから、
ファン友さんと、ワンフレーズごと”うん、うん”いうて、うなずいて聞いた。

もしや、詰まるかもと思うたけんど、噛みもせず・・・勢いで乗り切った大知くん。
天晴れと言いたいが、勝手に冷や冷やしよったことは 内緒にしとこう。

5. Voice

   誰の声も届かない はずなのに何故君の 声だけは聞こえてくるの~・・・・

マイクをおろし、(ちょうど腰のあたりかな。)歌う大知くん。
周りからこぼれる ”ぅわぁ~~~~”というため息みたいな歓声。

クワトロの狭いハコなら後ろまで響くろうけんど、そんなもんじゃないで、物凄い綺麗なア・カペラやったよ。

ファンとしちゃあ、自慢しちゃりたいくらい はなまる満点やったよ。
きっとかなりな数の人が、心つかまれたんやないろぉか。

6. SHOUT IT
ははは~~~~~。これは、乗りまくるしかなかったね~~
拳を握り、JUMP JUMP。

大知くんがまた、嬉しそうに歌うのよ。
でね、私の左斜め前におった二人組みの女の子が、ちらちら後ろを見るわけ。

かなり目が合ったとおもうで。
で、この私が JUMP JUMP やお?
ビックリしたやおね。笑。

まあ、おかまいなしやったけんどね。(^^)

で、笑ってしもうたのが、どっかで大知くんが、「いい調子!!」って言うたのが、
ファン友さんと私の笑いの琴線に触れ、しばし、苦笑。
エクスタイムや~~~~。


次が最後の曲!(って言うたと思う)
7. Right Now

あ~大知くんって、なんで、あんなにかっこいいんやぉ~。

なんで、あんなに・・・・しか 形容詞が浮かばん。

がっつりダンスチューンのこの曲は、どこを切っても、かっこえい。
ダンサーさんも、ドヤ顔やし、大知くんもいつにも増してステキやし。

で、先の二人組みの女の子、またまた目があって
私も手を上げて煽りながら、けど、照れくそうて、視線はずしてみたり、
(密かな攻防戦)

で、次みたら、なんと!ライトナウを歌いながら、大きく煽ってくれゆうやいか!!

なんていい子達なんやぉ。

で、この日の極めつけは、

大知くんソロのターン。

綺麗に汗が円を描いて飛び散りよった。


見た? うん見たよ!

”きゃ~~~~~ステキぃ~~”
とファン友さんと、昇天するの図。

で、”ありがとうございました”言うて、捌けていく大知くん、

やっぱりステージ端っこでも、しっかりお辞儀しよった。

なんて、可愛いのやぉ。礼儀正しいのやぉ。

この後、また出演者がステージに勢ぞろいするのやけど、

大知くん、かなりの汗で、青のグラデーションTシャツで、遅れて出てきて。


結局エイベックスでは、”先輩”という事になるらしゆうて、真ん中に連れてこられて
みんなぁで記念写真撮るんやけど、


カメラが会場後ろからやき、大知くんに背を向けるいうて
大知くんの顔見たさに、ステージの方を向きよった方も多くて。

かなり、かな~り可愛かったらしい。だいちくん。



・・・・・・あ~~~~~来て良かったよ。

もう、朝鮮人参も、BBクリームも、キムチもなくても

お肌トゥルットゥルやん!?


※一気に書いたので、後で読み返してとんでもないこと書いたかもと後悔するかもしれんけんど、
まあ、勢いで書いたぶん本音に近いし。


なにより、LIVE来て良かったです。
声かけてくれたファン友さん、ありがとうです。

e0100589_0101713.jpg

(LIVE後の広島市内)木々にイルミネーションが・・・。
by swingbebe | 2013-02-14 22:41 | ライブレポ | Comments(2)

MTV LIVEDAM Sing for Smile Tour 2013 @広島 その①

2月12日(火)/広島CLUB QUATTRO
出演アーティスト・・・GENERATIONS from EXILE TRIBE、U-KISS、三浦大知(出演順)
MC・・・浦浜アリサ


書きかけて、撃沈。疲れよりも、LIVEの熱に圧倒された感 満々。笑。
パワーの必要なLIVEだった気がします。


久々土佐弁レポなんぞにしてみるので、読みにくかったらごめん。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
広島クラブクワトロは、というか、広島にきたのはこれで4回目。
うわ~~~~~なんか、改めてビックリな回数やわ。それだけ好きな街になっちゅうって事やぉね。


で、クワトロは初めて行った時のインパクトが凄うて、音響えいし、
大知くんが目の前で”銀の涙”をフル歌うてくれたミラクルもあるし。
(ファン友さんに改めて言われて、思い出してお顔真っ赤。)



雨の広島。雨のクワトロ入り口。
ひと目でジェネレーションギャップを感じて、戸惑う。f¨ )
なんと!きちんとチケ番順に入れてくれた。
(但し、チケ番ごと 階を違えて並んだけど、あれは、入り口に告知しちょったほうがよかったかもやね)

会場に入ったら、思ったより前に行けて、こりゃあ、4、5列めセンターぐらいやね~と
今日はじめましてのファン友さんと並ぶ。

けんど、周りは10代~せいぜい30代前半ぐらいの人らぁで、ちょ~っと   引く。

ステージ中央に、スクリーンが降りちょって、そこに出演アーティストの最新MVと、
インフォメーションが流れゆう。
お目当てのMVが流れると、
ぎゃ~~~~!!っていう叫びと、ハイトーンなメタリックイエローばりの歓声に

更に、さらに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引く・・・・尻込みする。


いやいや、いやいやいや、そうも言うておれんろぉ!?
♪RIGHT NOWのMVが フルに流れ始めたやいか!!!

なんか、ワンマンのときもそうやけど、大知くんのパフォーマンスは、
見入ってしまうんよね~~~。

確かに!!だいちぃ~~~~言うて 叫ぶ人も、どっさりの歓声も聞くけど、
見入ってしまって、声より、心臓のドキドキが大きいがと違う?ね、違います?

やき、大知くんのMVは 静か目。
でも、やっぱり2~3回流されると、見入るより、応援みたいな妙な競争心がでてね、
どうなったと思います?

そこいら辺の大知ふぁんが、合唱始めたんですわ!

あとから聴いたら、他のファン友さんの周囲も 合唱してくれちょったらしい。
なんか結束力やね~。

~~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよ時間がきて、MC登場され、

なんと、浦浜アリサちゃん!!
いやぁ~~~~大好きなんです。正直ノーマークやったき、不意をつかれてよけいドキドキ。
前々から、話しっぷりで人柄が見えるなあと感じる人の一人です。
めちゃくちゃ気分も上がって。
ありさちゃん、飾らんあなたは 宝石みたいですわ。
おばちゃん、惚れまくりです。(*^^*)b
~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆GENERATIONS from EXILE TRIBE

男前の種類には、幾とおりかがあると思うけんど、
彼らは、多数の種類の男前さんの集団やったね。

『それぞれの持ち前がはっきりしちょって、かぶらん魅力言うのが
そこにある』

これが初めて彼らのLIVEを見た印象ですわ。

ファンの人らぁも、やっぱり押さえきれん気持ちを、フルに出しちょった気がする。
半泣きで応援してる子、それぞれの名前が飛び交う会場、

熱い!!そして、暑い。(ほんま、暑かった。)

MCも礼儀正しかったし、好感持てる青年達で、集まっちゅう年齢層もそれぞれやき、
ワンマンLIVEとは、ちと 違うた緊張やったろうねぇ。

けんど、全体を掌握するくらいの魅力は十分あるんやないろうかと
私何もの?ばりに書くけんど、

あの礼儀正しさは 好感持てるなぁ~。育てよ!!
(人生長い分、ちっとだけ言わしてもろたわ。)

今後、見かけたら、注目しちゃりたいね~。

楽しかったよ!ありがとう。(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆U-KISS

韓国のグループさんやね。

まあとにかく、お肌トゥルットゥル。綺麗なお顔。
けど、パフォーマンスはやっぱり勤勉の国、韓国。

マジメさも伝わった。
彼らを応援するファンの人も、共に成長していくのやおね。
一所懸命取り組みゆう人に憧れるて、そういう事やもね。

恋愛に近いよね。

時に盲目になるけど、やっぱり心から応援したいと思う気持ちも十分伝わる。
そんな事を思いもって、

私の後ろにおった、ファンの子に、ナイスサインを送ったのやった。

”気持ちはわかるよ”と。

そうそう、彼らが投げたタオル。私のちょうど真上に飛んできて、
けどやっぱりファンの子にとって欲しいと 思わずしゃがみました。

ふと上を見上げたら、頭上で、タオルが真四角に広がって
その四方を沢山の手が 放射状に綺麗に伸びてきてて、

あれは~綺麗な光景やった。一瞬のことやのに
スローモーションみたいで、

アーティストに求める会場全体のファンの”心”のようやった

と、記しておこう!
e0100589_21485874.jpg




長うなったき、続きは、その2へ。
by swingbebe | 2013-02-14 03:55 | ライブレポ | Comments(0)

大阪最後の夜~Xmas Premium LIVE~

【Music Japan TV presents 三浦大知 PARKSXmas Premium LIVE @大阪なんばパークス 】

2012年12月23日。
もう去年になったんだね。ほんのこの間だと思ってたけど、時間は過ぎていく。


この日は凄く寒い日で、昨日からの【大知祭り】よろしく、気分だけは上々。^^
e0100589_22531722.jpg


難波パークスはもう、早くも沢山の人人人。

”いっぱい!!”

お子様連れや、若いカップル。男の子も増えたな~。
なんか、とっても不思議な光景です。

2011年もけっこういっぱいだったけれど、このときはもっと増えた。


この列は、大知くんのLIVEの優先エリアをゲットするための抽選待ち列。

ちょうど風が通り抜けるから、寒さも身にしみる~~~。


予定時間が過ぎて、抽選を終えて帰ってきた人たちの 当落の表情が はっきり違う。



圧倒的に落選が多いなあ。それくらい限られた優先エリア。

大知くんの人気が伝わる。。。。

上の写真の正面奥に見える2階通路。その先のエリアが↓こうなってる。

e0100589_0452774.jpg


ココがステージ。

LIVEは17時から始まるので、それまでファン友さん達と、オフ会を楽しみました。

 自分の日常にはまったくない スペシャルな2日間。

そんな至福の時間を過ごしつつ、クリスマスLIVEの時間はやってきました。

Music Japan TV がおくる、公開収録。
2度ほど今までにも参加しましたが、いいですね~。

MCの方の軽快なトーク、もう待ちきれないファンの心理を じらす じらす。

でもそうやって三浦大知くんLIVEを盛り上げてくださる 

Music Japan TV さんの心遣いに感謝でした。


LIVE会場はといえば、ぎゅうぎゅう。
私はおちびな身長ゆえに、パークスモニターでしか 大知くんを確認できなかったけれど


”確かに昨日話した大知くんはそこに居る”

そんなことが嬉しくて、トークの時も、パフォーマンスの時も
難波パークスLIVEエリアに広がる 三浦大知ワールドに 酔いしれておりました。

セトリは、昨日のリリイベと同じ。

一昨年のX’MAS LIVEでは、アカペラで
♪White X'mas を歌ってくれて、これがまた絶品。
誇らしげに聞いてた記憶があります。

今年はそういうのは無かったけれど、

更に増えたギャラリーの数と、年々成長の軌跡を残してくれている大知くんに


またまた 感謝とファンとしての誇りみたいな 優越感をもって
楽しみました。

大知くんに質問コーナーというのがあって、
最近HOTカーペットを購入してみかん傍らに作業するとか

X’masといえば、七面鳥とか言って、「うっそ~~~?」とギャラリーの笑いをとったり、

他にも素朴な大知くんトークを楽しめて。

これって、最高のX'mas プレゼントをもらったんだなあ~と
またまたうるうる・・・。


あたりは暗くなって・・・。

e0100589_1152728.jpg



気温も下がってきて・・・。

楽しい時間はあっという間だったけれど、心のなかはぽかぽかしてた。

LIVE終了後、この日は 大知くんのFM802 Music Freaksの放送日ということで

大阪の三浦大知祭りは まだまだ続く・・・・。


(レポ後記は 次回へ)

☆お写真提供は ファン友Kさん。素敵なショットありがとう。
by swingbebe | 2013-01-10 01:28 | ライブレポ | Comments(0)

『Right Now/Voice』@タワレコ梅田NU茶屋町店


いきなりレポですみません。

あけまして、おめでとうございます。今年もよろしく!!


(では、レポへ)


NU茶屋町店のリリイベは、もう何度も行っている気がします。

このところクローズで行なわれていますが、以前はOPENだったんですよ。
それも良かったんですけどね。


抽選で当選した方が参加できるリリイベ。特別ですが、当たらない事もあって、ちょっと複雑。
多くの方に大知くんのパフォーマンスを見てもらいたい。


                   ◆

西宮ガーデンズのリリイベが終わったあと、帰宅組、移動組に分かれました。
ちょっと時間もあって、お茶をしながらの大知くん談義。

帰宅組さんには、「また、あした~」。

こういうのを、”非日常”というのですね~~~(¨ )シミジミ。

e0100589_22293100.jpg

去年も来たタワレコ梅田NU茶屋町店。
去年と同じイルミネーションツリー。

もうこんなに暗くなって・・・と訪れたタワレコは、
既に沢山のファンの方でいっぱい。

うわぁ~~~~~。これは、凄いや!

私の開口一番がこれ  笑。


西宮はお子さんが多かった分 お母さんもいらっしゃったけれど、
茶屋町はやはり、グッとギャル層が多い感じもしましたが・・。


手持ちのイベント券番号順に呼ばれる。

ふぁん友のSちゃんと並ぶ。ステージに向かって左手側のスピーカーの前。
私の身長だと、ぴょんぴょんしないとステージの全容はみえないけど、
前から3列目くらいだと、それほど気にならず。

むしろ、後ろの方のほうが見え辛いだろうからね。

番号が300近くまであったので、きっとぎっしり。ぎゅうぎゅう。

もう1歩前へ詰めてくださいといわれましても、もう前が無い。
すると仕切ってあったテープが、少し前にずらされたおかげで

【恐らくどこよりもステージに接近している会場】という記録が更新されたと思う。

で、いよいよリリースイベントは始まります。


ここで、あの司会のお兄さん 言うんですね、おんなじ事を。

「だいちぃ~」と言って呼んで下さいね。

せぇ~のぉ~!!

・・・・・・・だから、照れますってぇ~~~~(´~`)。



                  ◆
ま、大知くんは 出てきます、必ず。あのカーテンの向こうから。

仕切られた会場内は、割れんばかりのワ~~キャ~~~なんです。
でも、私もわ~~~~~~!!だった。

特にダンサーKazukiさんの動きが見えて、思ったよりしっかり筋肉ついてる感じの動き。
ワンマンだと 華奢に見えるんですがね。
かっこよす~~~~。

PURIさんもちらほら、お顔が見えて。
こちらとにかく真剣なドヤ顔。元々ハンサムさんなのに、キャラが邪魔して
コミカルにみえがちだけど。
PURIさんは、男前です。

大知くんはといえば、♪VOICEでのフェイク 綺麗にはいったね。
西宮で聴いた時よりも、しっかり入った感じの声の伸び。
大知くんにとっては大きなハプニングもなく、
スムーズに進むリリイベ。


私は少ししゃがむと見える大知くんを見たくて背を屈めて見たんだけど
後ろの人も見えたかな?

♪らいなう は、もう盛り上げようがハンパない。

♪ふぁらうぇいは、手の振りが綺麗だと言ってもらえたし。


会場の中にいらっしゃる方大半が、女性だけども、
私の周りにいらしたファンの方々、皆さん一様に うるうる ><

”どれだけ多くの人が、大知くんの音楽に癒され、元気をもらってるのでしょう”



                     ◆

LIVEが終わり、会場は握手会へ。

去年もでしたが、ゆったりとした時間が流れます。

ちゃんとみなさんメッセージを送っておりました。
大知くんも いつものように しっかり応えていましたね。


私は・・・・。


・・・・・・・・・・・・。



ずっとお願いしている事を、はっきり、しっかりお伝えしてきました。


ええぇ・・・・・・・・。 f.. )

まぁ そのためにも地元をもっと盛り上げんといかんですね。


年末のメディア出演を見て、あらためて感じました。
by swingbebe | 2013-01-04 14:47 | ライブレポ | Comments(2)

『Right Now/Voice』 リリースイベント@阪急西宮ガーデンズ

やっと、レポに着手できる。。。
しかし、ずいぶんと時間の経つのは早いものだな~。

今回のリリースイベント遠征は、一言で”三浦大知祭り”でした。
(本当、幸せでした)


それでは、つたないレポをぼちぼち。
関西でのリリースイベントはもう何度も通っていて、関西にお住まいのファン友さんには、お世話になりっぱなしです。
この日も、一日フルにお付き合いいただきました。ありがとうございます。


@阪急西宮ガーデンズ4階スカイガーデン・木の葉のステージ

それぞれに連絡をとりながら、阪急:西宮北口で待ち合わせ、開口一番の”おひさしぶり~”のご挨拶。

みんな、瞳がキラキラ。そして、ニコニコ笑顔。
この日を待ってたんですからね。

スカイガーデンは、数回訪れましたが、その度に増えるギャラリーです。
会場の雰囲気は

こちら が参考になるかな?

以前とちがって、整理番号やら、優待エリアなんていうのが当たり前になってきた りりいべ。
前回見た光景とはがらりと変わり、噴水のそばまでぎっしりのギャラリー。

お天気は曇りで、果てしなく”晴れ”を期待しながら、見上げる空は、半分が青空。
そしてもう半分は 斜陽が差し込む。

昨日からの 雨で湿ったギャラリー席は、ファン友さんからもらったレジ袋と雑誌をもらい
なんとか濡れずにクリア。

でもちゃんとスタッフさんが、ビニール袋を配布してくださってたよ。
ご苦労様です。

ステージは木製なので、スタッフさんがモップでふき取ってくれてたり、

『滑らないかなあ 床』なんて心配は、必要ありませんでした。笑。

               ◆
わくわく ドキドキ。

そして、ザワザワ。

司会のお兄さんは、おそらく川崎ラゾーナ同時配信で聞いた声と同じだったので
同じ方かと思われます。

若いファンが増えた事を強調するような、煽り。

いささか、私には”照れ”が付きまといますよ。おにいさん!!笑。

で、不思議にも、やはり太陽が顔を出してきたんですよね~~。
お日様が迎え入れてくれるステージ。

そして、いよいよ 大知くん登場。
いつも出てこられる通路から、あの足取りで。

(きゃっ!!MVと同じ衣装)

いやいや、いかんなあ、これは。

既に、心臓がバクバクしてます。

もう、もう、お隣に座っているファン友さんと、ニヤニヤ。
お互いのお顔を確認するのも、はばかれる。

セトリは、ラゾーナと同じ。

太陽は出ていても、大知くんの歌う口元からは白い息が・・・。


ダンサーさんは、KAZUKIさんとPURIさん。
衣装は、おそらくMVを意識したコーディネート。
かっこええでないの~~~~~~!!

パフォーマンスは、これまた極上。

特にお気に入りな♪VOICEでは、納得の声。あれは~~生で聞くと
心にずっしりと訴えかけてくる大知くんの詞。

♪ふぁらうぇい は、とにかく優しく背中を押してくれて、
みんな笑顔なんだけど、

ヘタレな私には、凄い涙腺の緩む曲。
”大丈夫だよ”っていわれると、ほっとして泣ける事あるよね
あの感じ。

ファン友さんたちは、『とにかくさわやかな曲。前向きで』と言ってたな。

それぞれ捉え方は微妙に違っても、

元気はもらえる曲だよね。


で、♪らいなう。

これは、これはもう ギャラリー全体が 「ぎゃ~~~!!」という感じの歓声。

あのMVをみてかっこよさや、ノリの良さ、スケールの大きさを感じ取っているから、
もう早く見たくて、聴きたくてたまらないと言うところ。

ダンサーさんの数が多くなくても、大知くん&ダンサーさんのシンクロする動きや、
連動する振りは かなり、高いスキルと正確さ。

まあ、歓声が波打つというのは、大知くんLIVEならどこでも味わえる光景です。



パフォーマンスの合間、MCに入ると一変する大知くんの表情。

感謝という文字が 大知くんのMCから見えてくる。
ファンが期待する 噛みも 少なくなってきてね。 笑。

決めているメッセージを伝える合間に、それぞれの会場で起こる些細な出来事が
大知くんの”予定”を狂わす。


「・・・だいちっ!」後方のギャラリーから ちっちゃなキッズふぁんが 呼びかける

「ん?は~い」優しく答えてくれる大知くん。

「確かこのあたり・・・」と数人のキッズを見る大知くん。

ほんと、優しいお兄さんそのまんま。
(見てるファンも、ほっこり和む)

で、「少しお話させてね」とまた予定のメッセージを話始める

すると今度は 私達の左後方から

「だっ・・・・だいち…ちっ・・・」と 声が出る。


で、コミカルに 「はっ、はい~~~!!」とお返事する大知くん。


もう想像つきますよね?
会場が、和みと笑顔とで 温かい。


大知くん自身も、優待席だけじゃなく、後ろのギャラりーに向かってパフォーマンスしたり、
四方にお辞儀したり。

パフォーマンスが終わり、一度ステージを降りた時も、
通路前でもう一度 ステージにお辞儀するんですよね。


こういうところが、”三浦大知”なんだよね。


~握手会~

メッセージは前もって考えず、その時の気持ちで臨もうと思ってて、
・・でも、ちゃんと伝えました。ええ。

先に握手会を終えたファン友さんが、
「べべさん、とっても嬉しそうだったよ」って、言ってくれたけど

嬉しかったんだもの~~~~!!

西宮ガーデンズの握手会は、延々と続いたわけでしたが、
握手会を終えたあと、皆さんの笑顔、大知くんの背中、

大知くんがファンの身長にあわせて背を屈めてくれたり、
キッズファンを覗き込むように視線を合わせてくれたりする姿が、とっても素敵だった。

ひとり一人のファンが それぞれの思いや人生を持つように
大知くんの対応も何一つ同じでない。

そういう”特別”な対応が、ファンにはちゃんと伝わるんですね。

いつも映像を見て、声を聴いてあこがれる大知くんが、
そこにずっといてくれて、その大知くんを見てる一人一人のファンが
みんな笑顔。本当に笑顔。

あの数秒間で、勇気を出して 想いを伝える。



あ~~~そうだ!

私、握手会では片手しか出してなくてね。
他の皆に聞いたら、お互い手をホールドし合ってる。

前の握手会でも、到底出来なかったんだけど。

今回は 挑戦。

がっしり!!とはいかないけど、左手で添えるくらいのことは
やってきました。(・・・・どうでもいいですね、これ。笑)

長くなったので、茶屋町のレポは次回にします。

e0100589_1052718.jpg

by swingbebe | 2012-12-27 10:33 | ライブレポ | Comments(6)

DAICHI MIURA "exTime Tour 2012"@福岡

ライブレポも、こう続くと、セトリ順というのにも飽きてきて。。。


が、しかしっ
どこも抜かりの無いほど とらえどころ満載なのが、三浦大知LIVE。

素敵~~~!!と連呼するだけじゃない、面白さが、あのLIVEにはあちこち詰まっていて、
それは、もともとセッティングされたものから、


ついつい 大知くんご本人から提供されてしまったものまで
まさに!どのLIVEをとっても、同じ面白さでないのが、
三浦大知くんのLIVEなのであります!!

そんな三浦大知くんの DAICHI MIURA "exTime Tour 2012"も
今日の”@国際フォーラム”をもって終了したようです。

何かいつもラストにサプライズがあるけれど、

・・・・これは、公式発表を待ちましょう!!

では、気合を入れて福岡レポです。

☆☆☆

まあ、大知くんのLIVEもファンクラブ先行チケというありがたい システムになって、
それもホールLIVEということで、慌てて会場へ行かんでも 席がそこにある。

今回はそれが本当に嬉しかったね。

福岡サンパレスホール e0100589_22113214.jpg

ここですけど、きれいな所やった。

私の地元の高知からも ファン友さんが2人来ちょって、
それぞれがなんにも言わんけど、きっと 高知にもこういう日が来てほしいと
心で会話した気がします。
それぐらい、沢山の人で、うらやましかった。


福岡も、ありがたいことに2列目センター(ちょうど真ん中)。ホンマに
幸運を使い果たしたんではなかろうか?

サンパレスホールは立ち見席がでて、それも売り切れ。


さすが音楽の街やね!!
盛り上がり方が、違う。

着席すると、目の前にあの大きなミラーボールがあって、
黒い大きなセットがデ~ンとあって、と もう見慣れたステージ。

と、ファン友さんたちがなにやら、あのミラーボールについて話しよって、

一人が、「あの大きなミラーボールが、あとでいくつかに分解して、またラストで一つになる。
まさに時を越えて・・・」と 素敵な話をされてて、
でも、あのミラーボールがどのように散らばっていくのか、いくら思い出そうと思うたち
思い出せんがよね。

あと一人のかたも、そうやったっけ?と思い出せず。

        ◆

なんというんやろぉね、福岡は本当に 会場が揃うちょった。
大知コールもピッタリ、アンコールもピッタリ。

バラバラじゃないのよ。

1列目の女の子集団は、ラストの方では、素足で飛び跳ねよったし、

後ろから聞こえる声も、凄かった。

そして、そして、ものすごい感動したのは、
オープニングでセットが引き上がり、スモークの中から出てくる大知くんのシルエットを
先に捉えたのは、階上席。

福岡は歓声が上から 降ってきました。あれは、不思議やった。


そうそう、福岡の大知くんも、これまた 面白かった。

MCで「えくすたぁ~いむ」と ちょっと気取って吐息混じりに言うてみたものの
あまりの恥ずかしさに 顔を隠し照れ笑い。

もちろん会場は爆笑の渦。
私も 涙が出るくらい抱腹絶倒。

ダンサーさん達の表情も 凄く良くて、”楽しんでいるんだな”というのが伝わってきた。

私はいつも大自然さんの 乗りにあわせて手を振ったり、踊ったりするけど、この日もけっこう
大自然さんを見よったなあ、

どの曲でか、上條さんがとてもいい顔されちょった瞬間があったり、
けっこう皆さんも楽しんでる?

あ~来て良かったよ。福岡。

そうそう、あのミラーボール どの曲かの時に 分解しちょったよ。
ステージ天井から 均等に小さなミラーボールが並ぶっていう。。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・。

ああいうことやったんやね?

あまりの普通さに、もひとりのファン友さんと顔をあわせられず、
でもただただ、二人とも肩をくゆらせて苦笑しきり。


こんな勘違いも嬉しい、大知くんLIVE。


福岡では、♪No Limit も盛り上がりました。
私にとっては、最後のLIVE。

気がつくと隣のかたがタオルを持ってなくて、
勢いで 自分のタオルを渡しちょった。
「次、タオルブンブン振ってください」


あ~見ず知らずのおばさんからで、さぞや驚いたろうね。

けど、振ってくれた。
そんな事が凄い嬉しかった。


最後に、♪THE ANSWERの大知くんの声  もう極上やった~~~!!!


まだまだ書き足らん事いっぱいやけど。この辺で。

大知くん、会場でご一緒した方々 ありがとうございました。
by swingbebe | 2012-09-23 23:43 | ライブレポ | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30