ブログトップ | ログイン

はちきんぶる~す

カテゴリ:音楽について( 2 )

music speaks

Music Speaks

Candice Glover / Interscope Records



CS放送で アメリカンアイドルが放送されている。確か今シーズンで終わり。

今までにも見てきた番組ですが、シーズン12の優勝者だった Candice Gloverの声が好きで、
検索しまくってた、当時。

中でも、love song はオーディションの時から秀逸で、テクニックや上手さというよりは、
彼女の音楽に向ける”心”が 伝わってきた1曲。

このアルバムにも収録されてて、何度もリピート。

世の中には、素晴らしいアーティストがたくさんいらっしゃる。^^
by swingbebe | 2016-02-26 20:39 | 音楽について | Comments(0)

ずっと愛していく。。。

・・・・少し気恥ずかしいタイトル。

でも、きっとこういうことだと思うんで、タイトルにしてみた。

【谷村新司さんについて】

ココでは書いた事がないので、あれ?っと思う方も居られるだろうけれど。

私が中学生の頃、谷村さんはまだ”アリス”として活躍されていた。
確かな歌唱力と、あのギターをもつ姿勢が独特で、かっこよくて、
いつもどこか”和”の雰囲気を持った人。

14歳の私が惚れこんだ彼は、そういう人だった。

当時コンサートなんて行けるわけもなく、アリスのフィルムコンサートだったか、映画だったかを、
一人観に出かけたのを覚えていて。
唯一の楽しみは、毎日放送のヤングタウン。ばんばさんや ”よしこ”と呼ばれていた
局アナ(?)のかたとの3人のトークが無茶苦茶楽しくて、
深夜寝る間も惜しんで聴いてた。
あれで、雑学の大事さもわかった気がする 笑。


数年後アリスは解散しても、谷村さんのソロアルバムは聴いてて
もうあの声にぞっこんだった。

年月過ぎて、自分の人生もいろいろあって、いつしか
谷村さんをテレビでしかみることもなかった日々を経て

還暦を過ぎたアリスが、CS放送で生でライブをやってるのを久々みた。

懐かしいお顔。でもあの頃の雰囲気がそのままあって、
それぞれの持ち味も変わらず、ずっと正座してみてた。

2009年に高知にアリスが来たときは、既にチケット売り切れてて、

今回「ハミング 2011」というツアーで来られる事を知って、
出かけた。

それが2011年11月4日(金)夕べのことです。


【ハミング 2011  ネタバレあり】

e0100589_15464169.jpg


一個前の日記に書いたけれど、

実は主人と二人で出かけた。
好みも趣味もまったく違うけど、同い年ということで
アリスの話題には共通項がたくさんあって
話の題材には事欠かないので、コンサート行きもすんなり承諾。
(旦那さんが行かなくても、私一人でも行ったけど。)

初めて二人で出かけるコンサートが、谷村さん。
なんか感慨深いものをずっしりと感じる。

オーディエンスは、いつも私が行く三浦大知くんのライブとは
まったく違う年齢層の
比較的落ち着いたお兄様お姉さま方が多く、

私達はちょっと、若造&小娘といった感じ。笑。

それでも、
昔アリスのファンでしたって人!ってチンペイさんから聞かれると

”はいは~い”って手を上げ、

今回、谷村コンサートを初めて見る人!って聞かれると

意思表示の拍手してた。


(ファンだといいながら、これってファンじゃないよね 笑)


コンサートは、会場全体が暖かく、そして高知特有のシャイな乗り。
徳永さんのコンサートでも最初感じてたんだけど、

時間をかけて乗っていく感じ。
確かに男性の声が響いてた。っけ。
アンコールはもう前の方は総立ち。(私は後ろの方だったので、前後気にして立てなくて)


14歳の私が憧れ続けた谷村さんは、長い年月を経ても
なんにも変わってなくて、

うれしかったのは、62歳というのに、あの頃のままのVOICEで。
声量も、情感たっぷりな表情も 変わらない。

変わらずに居てくれてありがとう。だった。

あの頃 実際に聞きたかった声が やっと聞けた。
本当に幸せだった。

歌番組で聞く谷村さんじゃなくて、あの頃の谷村さん。
凄いです。凄い事です!!

喉の若さが。たくましさが。笑。

懐かしいナンバーもあって、22歳なんてのは、
本当に生で聴けるとは思ってなくて感動~~><。


また聴きたい 谷村さんの歌。

コンサート後、CD購入者に直接手渡し&握手会ってのがあったけれど、
私の時間の都合で、残れなくて・・・残念。


次回もあるのだろうか?


直接手渡しうれしいよね~~~~。


最後に、谷村さんの特技でもある”話術”は年齢に深みを増すほどに
上品さと、大衆性をもつ さわかな風のような笑いを与えてくれるもので

シャイな主人も ついに失笑。


楽しいライブでした。


そうそう、一つうらやましい事があって、
武道館の生放送でもみたあの
♪Going Homeを聴いて、
あのバックに流れるコーラスは、アリス全国ツアーにきてくれたファンの方々のもので、
各会場、長さは違うけれど、一つ一つライブの時に録音したものを
重ねて作ったものらしく、

谷村さんは、
「あの(今は被災地となった)ライブの方の声も入っています」といわれました。


ステージ中央に立つ谷村さんに当たるスポット、
そして後ろから聞こえる たくさんのファンのコーラス。


あの中には、私の声は入ってない。

でも、そんな素敵なエピソードの中に、多くの方々が関わってて
確かにそこにいらっしゃったこと、

そう思うと、ステージ後方には多くのファンの方がいらっしゃるかのような
感動が私の胸に突き刺さって、

うらやましさと、”今を大事に”という意味をずっしりと感じました。

日常はけっして当たり前ではない。

そのありがたさと、奇跡に感謝しなければ。。。


(長々読んで頂きありがとうございました。)
by swingbebe | 2011-11-05 16:31 | 音楽について | Comments(0)

三浦大知を応援するブログ&時々日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31