カテゴリ:D-ROCK・SONG( 14 )

MAGIC  そして、私想。


MAGIC

♪聴きましたよ、三浦大知 作詞・曲

最初に聞いた時に、凄く軽い感じで聴いたんだけれど…凄かないですか?これ。
私が20代の頃、こういう曲をよく耳にしていました。懐かしい聴きごこち。

今風なアレンジだけれど、メロディがすっと耳に入ってくる。あえて、普段とは違った曲調にしているんだろうけれど・・。

コレを去年実際に聴いてるんだけれど、印象はまったく違う。
いや、メロディーは確かこんなフレーズだった。

でも、これ、かなり難しいフレーズじゃない?これを、10代に書いたの?


三浦さん!、コード譜/タブ譜下さい。笑。

シャウト気味にカッティングすれば、弾けそうですか?
いや、その前にギター出して来なければ・・。笑。

リズムとり辛いってことなんで、わかりやすく教えてください。笑。

(完全に、私モードで語っていますが・・・・笑)

♪鼓動を感じていたいよ~って歌っているけど、 感じてたいよってかいてある。

でもあれは、かんじてたいよ
で正解ですv^^

そのほうが、軽くない・・・どうでもよいことですか・・ははっ f^^)  どうも壊れ気味です^^



(私想)

大知くんの今回のNewSingleに向けての活動は、とっても素晴らしいなと思います。きっといろんなことが決まっていって、だんだんとまわりも自分もあわただしくなっていったと思います。

以前D-日記で、髪をクシャクシャにしながら自分の姿を写メでとって載せてくれて、頑張っている姿を見せてくれた時は、本当に嬉しくって・・・。

あのときの頑張りが、今のMVにちゃんと顕れていて、

そして、マネジャーさん共々緊張したと言っていたあのレコーディングの緊張感も、こういう素晴らしい形として収められている。

有言実行・・・ちゃんとカタチにしてくれている三浦大知くんに あらためて感謝したいです。


年齢なんて関係なくて、尊敬できますよね。

(硬い話になるけれど・・。)
先回、『大知くんが自分を追い込む事で、自身を上げていく』ことは大事な事だと書いたけれど、私自身はどうだろう?もしかしたら、それほど自分を追い込んでいたんじゃないのかもしれない。

頑張れば出せるはずの、努力する事で、補える何かに自ら蓋をしていたんじゃないかと、今回の大知くんの活動ぶりを見ていて、わが身を振り返りました。

もちろん家族の影響力が私には一番大きいですけど、どうしても感情が絡むので 笑。

憧れとしての対象である 三浦大知くんには、

人として生きる姿 を改めて教えてもらったような  そんな感謝の気持ちでいっぱい・・かな。


相変わらずヘタな文章です。f..)





今回のInside Your Head/MAGIC に関してはこんな感じかな?

自分が聴くまでは他の方の感想はあえて覗かないようにしてました。ネタばれそうになると、すぐ閉じたりしてた 笑。

ちょっと他の方の感想もよませてもらおっと。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・っと、その前に、明日はa-naなんで、準備にかかります。

次はレポになるかな?
by swingbebe | 2008-07-25 10:43 | D-ROCK・SONG | Comments(2)

Inside Your Head


Inside Your Head

~CD~


♪聴きました。

やはり、スピーカーから聴こえてくる音はいい!!

初めて歌詞を見て、わが耳を疑ってしまう。やはり、英語の発音がきれいだな。

歌詞が大体わかっていたところは日本語で、どうも日本語にしては意味がつながらないところは
英語だった:笑。それも歌詞がわかったときに、キレイな発音だったって、気付くくらい 笑。
(私のヒアリング能力:ゼロですね 笑)

あらためて聴いてみて、浮かぶのは、あのMV。フレーズと一緒に、あの映像が先に出てきます。

そして、やはりNAO’ymtさんの、独特の音使いです。
細かなところまで聴くと、また違った印象をもちました。

そして大知くんの歌唱。
ファルセットがとにかく綺麗です。そして、私がいつも惹かれるブレス。
音が無くても、メロディがそこにあるブレス使い。

かなりの腹筋だね。120出せて、90くらいで完璧な声量が出てる。だから、”ふっ”って抜けるところが、聴いていて心地よい。

三浦大知の武器です。

初めてコレを聞いた時に、70年代流行の男性ファルセットを思い出して、
きっと彼も聴いていたんだろうな。。。お手本を。

本当に綺麗だもの。

もぅ一つ言うと、大知くんの声には、ヤリのような刺がない。で、声量がしっかりある、そして、ファルセットへつながる部分に違和感が無い。

素人の私には、コレくらいしか書けないけれど・・・。

あっ、そうそう、あのラップのところは、言うことなくカッコよくて。やはり声も違う。MVもあの前あたりから、完全に惹き付けられるんだけれど・・・。

~DVD~

【MV】
これは、以前にも書いたけれど、大知くんのコレオグラフ。

そして初めての女の子登場!!

6人のダンサー。

色んな試みを頭の中で膨らませながら・・・意外にスッと出来上がっていったっていう。

【コレオグラファー:三浦大知】

副音声なんて特典あったのね 笑。いきなり、低い声が聞こえてきて。

そして、嬉しかったのは、しょーたさん、遠藤くんの声が聞けた。TOMONORIさんの声は聞いたことあって・・。

本当に彼らの関わりがわかる。あきらかにMV(定点撮影)を見ながら、喋っているから、
隣で、話しているような、自分もそこにいて聴いてる錯覚も、味わえます。笑。

大知くんも遠藤君のあの首の動きと、視線を見てたのね。とにかく遠藤くんは真っ直ぐ前を見て踊る人だから、MVでも映るときは、いつもカメラ目線。
で、本当に首が、クイックイッって動くのが、見事。

このMVで、あらためてTOMONORIさんのダンスのしなやかさに惹かれました。大人のしなやかさが本当に綺麗でした。で、MVでは、背景の色と同時に衣装も変わるけど、TOMOさんカッコよすぎます。

しょーたさんは、ダンサーが得意のダンスを踊る時に、本当に目立った。そして、横から撮った時の、彼の視線がいいですよ。

とってもいいMVですよ。

定点カメラのMVなんて見る機会ないから、できれば毎回やってもらえないかな~~^^。
by swingbebe | 2008-07-25 09:59 | D-ROCK・SONG | Comments(0)

Stay

なんといっても、ライブDVDの

(Gonna be a Loser)のあとの、手の振りが好き。

リズム感ありすぎです。

そりゃあもう、白のジャケットは似合っていますよ。

言うまでも無い。

Keep~~と同じタッグなんだね。

それを知ったときにおもった。大知は幸せ物だよ。

いろんな方から楽曲提供してもらえて、いい曲が足並みそろえて

いつも彼の引き出しに入っている。

こんなに贅沢なアーティストも居ないよね。

by swingbebe | 2007-07-01 09:39 | D-ROCK・SONG | Comments(2)

One Step Closer

これ、アメリカンPOPなイメージの、ストーリ仕立て。

歌詞を追っていくと、ちゃんと情景が浮かんできますね。

ミュージカルで、”告白”をする場面なんかで、こんなシーンが登場する。

年齢相応のラブソング。

でもなんか懐かしい。

ここに登場する主人公は、優しい男の子だと思う。大知くんカブリますよっ^^

DVDでは、TOMONORIさんが、頭でリズム取りながら

♪STEP、STEP、STEP♪ってリラックスして踊っているのがとても好き。

大好き。人の良さみたいなのが出ていて。

この部分はTOMOさんのえがおに軍配!(ついでじゃないけど、SORIさんもっ)

大知くんごめんなさい。あなたもいいのよ。

でもっ、ここは、ダンサーさんが、いかに楽しく大知くんを盛り上げて

そして楽しんでいるかが、まっすぐ私に伝わった大事なシーンだから。

そこから、大知くんって言う人が見えた気がするから・・・。

by swingbebe | 2007-06-13 09:04 | D-ROCK・SONG | Comments(6)

17 Ways

アップテンポな曲が多い大知の曲には少ない、スローバラード。

初めての作詞。

でも、等身大で、言葉少なな中にちゃんと想いが込められている。

きっと、待ってくれたファンに

ありがとうを伝えたかったんだろうね。
そして、今の自分を届けたかった。
で、また新しい自分も知ってほしかった。

そんな想いの中で、

♪ただひとつだけ伝えたい 僕はかわらないよ♪

だったんじゃないかと、初めて聴いた時感じた。

等身大だけど、想いがいっぱいなはずだけど、

言葉を沢山並べない。

”伝えたい事は、これからの僕にある。だから見ていて”

そんな声が聞こえる。

♪胸が少しだけ濁る時  聴かせてほしいんだ声を♪

え~~え~、いつでもっp^^q 

by swingbebe | 2007-06-12 09:05 | D-ROCK・SONG | Comments(4)

銀の涙

♪ねぇ 理屈さえ なくすほど 見つめたことなんてなかった♪

この部分を、初めて聴いたとき、只野菜摘さん”あっぱれ~”

って思った。

理屈さえなくすほど見つめる状況が、とてもわかるようで、

想いが深すぎて、逆に想像つかない・・・でも、

本当は、とても理解できる。

理解したい。けれど歌っているのが大知くん。

うますぎて、等身大かよ?って、妄想が膨らんだ。

全体が、背景を想像しながらの、結構リアルな描写なのも

大知くんの歌には珍しい、コテコテのラブソング。

相手を好きで好きで仕様がない想いが、ビシビシ伝わってきて

私なんぞの、片思いは【入る余地なし】:笑

これをMVにしてくださいって、いつから言い続けているんでしょう。

大好きな曲です。

単調に思えて、なんのなんの、難しい曲です。

by swingbebe | 2007-05-28 06:38 | D-ROCK・SONG | Comments(2)

声をかさねて

ajapaiさん、いいです。

この曲がとてもライブで、盛り上がります。始まりの音

から、きゃ~~~って声もあがります。

今度のFlagも、ajapaiさんでしょ?

ajapaiさん自身も、超実力派アーティストって言われてる。

それにしても、何をうたわせても、かっこよく歌うね。

このリズム、ノリはいいけど、難しいよ。

Album Instrumentalで、あわそうと思ってもあわない。^^

ハウスっての?よく知らないけど。

でもこの詞って、さりげなく”アダルト”よ。

♪君を追う夜。。。どんなだろう  @▽@!

♪ほのかに香る 吐息の向こう 見上げた夜空 星は流れ。。。

想像できない。。。(T^T)↓

妄想チック。。。なんてことだ@へ@!

by swingbebe | 2007-05-27 20:41 | D-ROCK・SONG | Comments(6)

Make It Happen

これは、ファルセットが注目された曲。

ライブでも何度か聴いたけど。綺麗に出ている時と、

出にくい時もあった(らしい。)ボイトレ後は安定したという

評もあるね。

そして、こうやってあらためて聴き直してみて、気がついた事

このコーラスも全部・・・大知?

低いパート、高いパート、全部?

きっとそうだよね。ちゃんと聴くと・・・驚き。

かなりレベル高いね…同じ人じゃないと、こうぴったりと声は

のらない。 b^-^

DVDだと、つま先でトントン!これすき。そしてこの時の

手の位置も好き。タップやっているスタイルね。

何気なく、大人チックと思っていたけど、

【つづら折りのような声の重なり】に感動してしまった。

今井了介&HI-D  さんきゅ^3^

by swingbebe | 2007-05-27 08:33 | D-ROCK・SONG | Comments(2)

Southern Cross

イントロの南米を髣髴とさせる”ケーナ”?の音が、いい。

南十字星を題材にしているけども、希望とか、夢とか。

とにかく前向き。

そして、ダンス。

♪両手広げて、掴み取れ In your hand‘s (タンタタタンタタタン!!)

の後の、パンパンパンッって、切れのいい、動き。

Everybody c‘mon get your star

のところの、振り。元気元気。

とにかくこの曲はダンスに納得していた。

歌詞の流れに合った振り。MVも好きだな。

ヘアースタイルを変えた大知が、

ちょっと大人チックに。

けど一番大きく感じたこの曲の魅力は、

【優しさと、包容力】です!!

そこに惹かれたんです。

by swingbebe | 2007-05-26 17:58 | D-ROCK・SONG | Comments(2)

Word!

Word! Word! Word! Word! Word! Word!

もう一番好き!

これを聴いてなかったら、きっと大知を見逃していただろう。

もう~~~~~~~~~~っ、何なの?この子。

このコーラス。贅沢です。@▽@

♪Hit U Boy!今撃ち抜こう、今すべてを撃ち抜こう♪

ここの右手の握りこぶしを突き出すポーズも、いい。

♪~そのanswer ”1”と”2”♪

の声がいいのと。英語の発音が綺麗。その他の

英語も綺麗。

なんかね、曲自体もすてきなのに、これを歌いこなせる

歌手って、どれくらい居る?

はなはだ疑問。

やはり大知のもの、だね。

ライブのダンスも素敵。音にはまるというか、自由というか、

ぽ~~~~っとしていつも見ている。

あまりの言葉のボキャブラリーのなさに、うまく表現できません。f^^

J・キューありがとう。ありがとう。<(_”_)>

by swingbebe | 2007-05-25 16:57 | D-ROCK・SONG | Comments(2)

三浦大知くんファンブログです。メッセージはこちらへ.....swingbebe@excite.co.jp  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31