<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

全員集合!!

2008年も、あとちょっと。

本当にお世話になりました。

大知くんの最後の日記。私はとてもありがたくて、あのフォト。
こうやって、一年の感謝をこういう形で表してくれて・・・。

三浦大知くんの人となりがわかる。

応援してよかったって思います。

2009年も、よりいっそうの躍進をしてくれると思うし、応援を続けていきたいなって思います。


ほんとうは家族全員集合ってことを書きたかったけれど、あまりに大知くんの日記が温かくて 。






そうです、家族が年末集合しています。
もう紅白を見ながら年があけるのを待ってる状態。

除夜の鐘を聞きながら、年越しそばを食べ、きっと”さだまさし”さんの恒例の生放送を見ながら、腹を抱えて笑い、眠りに着くんだと思います。


皆さん一年ありがとうございました。


2009年もしかしたら超多忙かも、もしかしたらライブに出没しているかも・・・いずれにしても頑張るのみ。


よろしくお願いします。<(_"_)>




by swingbebe | 2008-12-31 20:50 | 日記~今日思うこと~ | Comments(0)

また一歩前へ


”青年時代の若さを、希望を、一生涯貫き通せる人が、最高に偉い人”

ある機関紙で目にした言葉です。

いわゆる信念ですよね。それを貫き通す・・・。



三浦大知くんも、ある意味その最中に居る人ですよね。

ふぁんとしては、その瞬間を見届けて行きたいですよね。

昨日のライブも、なんだか意外な曲だったり、注目の新曲披露だったりと、参戦された方は、うれしいひと時だったろうと思います。


一番気になるのは、大知くんのヘアースタイル・・・見てみたい!!


これから忙しくなるね。
でも、うれしいことです。

多くの人に、三浦大知の歌をパフォーマンスを!!

(仕事明けで、いささか興奮気味です)
by swingbebe | 2008-12-23 16:54 | 三浦大知 | Comments(2)

キタ~~~~ッ!!!!

mixi で、興奮して叫んでしまったので、ココでは冷静にと思うんだけど、

やっぱり、うれしい~

私を興奮させた詳細はこれね↓

2009.2.11 Release
7th Single 「Your Love feat.KREVA」


AVCD-16174/B \1,800(tax incl.)

AVCD-16175 \1,050(tax incl.)

収録内容

01.Your Love feat.KREVA
Written by Nao'ymt
Rap part Written by KREVA
Produced by Nao'ymt(Ymt Productions Inc.)
02.タイトル未定 (本人作曲楽曲)
*初回プレス分のみ、BONUS映像収録!


三浦大知くんは、去年の夏KREVAさんのライブを見に行ったと言っていたよね。そして
♪MAGICをほめてくれたって、よろこんでいたよね。
あの後、KREVAさんとの交流あって、大知くん自らオファーして、今回のfeat.決定したって。

後は、公式を 見てもらうとわかるんだけれど、KREVAさんが大知くんのVOICEほめてくれている。ファンとして、ありがた~い言葉です。^^

そして、♪Inside Your head に引き続いての、Nao'Ymt さんプロデュース。

今回は大知くんの歌唱力が前に出るスローな曲らしいから・・・待ってましたっ、本当に。

ありがた~い、ありがた~い。


大知くん、早く皆に届けたいって言ってくれていた気持ちが、良くわかる。

本当に最高のクリスマスプレゼントだね。

大知くんを応援してくれている、沢山の人と、このうれしい気持ちを分かち合いたい気分です。


いい年越せそうですよ。


私も、なんだか勇気出てきたよっv^^
by swingbebe | 2008-12-17 22:56 | 三浦大知 | Comments(0)

年末~~~~~~!!!!

年賀状書き、今年こそはの”念入り”大掃除、そして、変わらぬハード勤務。

やり遂げたい気持ちがあっても気持ちの切り替えが・・・そうやって毎年繰り返した「来年こそは!」のため息。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・学習してませんね、笑。

去年と今年の違いはと言えば、何十年ぶりかの受験生だってことで、1月末に出る結果を、やや、あきらめモードで待ってることくらいかな?

そういやあ、【篤姫】終わったね。宮崎あおいさん、お疲れ様。
【NANA】をもう一度見返したいくらい、彼女の役者魂には感服いたしました。【篤姫】の最終回。49歳を見事に演じていて、ラストの閉眼するところなんて、静の演技が見事だったように思います。彼女、20代前半ですよ!

頑張っているといえば、真央ちゃん。
帰国しましたね。彼女もOFFの時とリンク上では、別人。プロですよ。あの笑顔が、多くの人をひきつけて、華を添える。
19歳です。


大知くんも東京方面で頑張っているね。
私は、ワンマンライブまで、じっと我慢です。きっと、独身だったら、関東に居たら、通いつめるんだろうなあ。いやいや、関西からでも遠征している方はいらっしゃる。。。

これから沢山時間があって、可能性も沢山あって、そんな若者の頑張っている姿に励まされます。わたしが、ある意味大知くんの頑張っている姿に背中を押されて受験に踏み切ったのも、そんなところ。
そして、結果はどうあれ、私の中での応えが出る。

影響されることも、あながち無駄なことではない気がします。
by swingbebe | 2008-12-16 13:07 | 日記~今日思うこと~ | Comments(2)

1本のビデオ

一年の最後の月、12月。

今年一年を振り返る月でもあります。

夕方、探し物をしていてふと出てきた1本のビデオ。タイトルも内容も書いていない・・・ちょっと不思議に思って見てみました。

PLAYボタンを押して、出てきた映像

【第1回  よさこい踊り】と書いた、紙でした。

日付は 1996.8.22。

そして、流れてきたアップテンポなよさこい。正調のよさこい。3通りのよさこい踊りでした。

踊り子はわが職場の職員。部署対抗の職場イベントのビデオでした。
今から12年前の映像です。

もちろん私も映っていました。(やはり…若い)

患者さんのお顔も映されていて、当時私の所属していた老人保健施設での映像には、懐かしい方々の笑顔がありました。

ほとんどの方が今はそこには居なくて、病院だったり、在宅に帰られたり、他界された方も多い・・・。

本当に懐かしい。

そして、共に夏の一日を盛り上げようと踊ったスタッフの顔ぶれもまた、懐かしい。

もう、逢えない人たちもの結構居て、でも、この1本のビデオのなかでは、彼らは元気で。。。

あんなに仲良かった人や、すごくお世話になったけれど今は疎遠だったり、この1本のビデオには、そんなありがたい人たちと共に踊っている
33歳の私が居て。

あれから12年の年月を経て、後悔すること、あの頃に戻ってやり直したいと思うこと、逆にこの瞬間があったから、この先の変動の12年が続いていったわけで、いつの時にも、その場面だけを切り取って、私の自分史を語れないなあ、なんて思って。

この映像は、私にとって宝物になります。

振り返ってみて、とても教訓になる映像です。

何一つとして、無駄なものは無く、なるべくしてそうなり、私にあらゆることを教えてくれる

そんなことを感じました。
by swingbebe | 2008-12-13 21:24 | 日記~今日思うこと~ | Comments(0)

スポンジ


昨日は、和太鼓の練習でした。

今夜忘年会での太鼓演奏があります。そのラストの練習日でもありました。

先生に一喝されました。

*************************

まさに自信の無さは、練習不足。
仕事や時間の調整もつきづらいだろう、そして、なかなかメンバーも揃わないだろう。

何故メンバーが集まらないか?

どんなに仕事が忙しくても、どんな状況であっても、そこに太鼓があって、ちょっとでも触れたいという気持ちがあれば、おのずと来るんだよ。

『練習においで』
そんなことを言わなくても、来たければ来るんだよ。

君達は、こころからあふれ出るような感動をしたことがあるか?
太鼓を叩く感動を・・・。


練習を重ねてごらん。
自らが叩きたいと、求める気持ちが強くなって、いい音が出るから。

そうすれば、あとからついてくるメンバーおのずとついてくるよ。

*****************************

もう、自分の中では100%気づいていたことでした。既にわかっていたことでした。


自信の無さ。・・・まさにそうです。

目先のイベント毎や、仕事の忙しさ、メンバーがなかなか揃わないことへの不満。
いろんなことを理由に、自分達に言い訳をしてきた気がする。

環境のせいにしていた気がします。

まずは自分たちがどれだけの熱意を持って和太鼓と向き合っているか。
本当に、自分自身に納得のいけるほどの努力をしているか。

いろんなことを理由に、一番大事な、わかりきっている基本にふたをしてしまっているんじゃないか。


覇気がない・・・。


練習が終わって、太鼓を車に乗せている時、メンバーから

『言われていることはもっとなことだけど・・・。』

『なかなか思うようにはいかんよ』
などと口々に出ていました。

私ははっとしました。
(皆もおんなじ気持ちで先生の言葉をきいていたんじゃなかった。)

・・・・・・・・・・・。

私は、以前先生から、思う存分叩け、叩いて叩いて叩きまくれ!!

そう教えられていました。あの頃は・・・そうは言われても、メンバーがついてこれない練習は、時に新メンバーから不満が出ていました。先生は、それでも、叩きたい人はついてくる!そう言っていたのです。

自分の中で、なんかとっても恥ずかしいきもちがあふれていました。

夕べあんな風にこぼしていたメンバー達のあの言葉は、あの時の自分。
あれから何か目新しいことが私の中に起こったわけではないけれど、
少なくとも、先回かいた日記のように、

確かに影響されている。。。。私。。。

1月のコンテストまであと7回の練習があります。先生は、一回の練習日に10回叩け、課題曲を10回叩きぬけ

そういって、帰られました。

メンバーも私も、まだ本当の感動を知らない。本当の太鼓の音を出せない。

ならば、たたき抜くしかない。
感動を知るまで。
それを感じるまで、出来ることをしよう。


メンバーの誰を修正するのではなく、自分が叩きぬくこと、自分が出来ることを 。

きっと、私にも感じることが出来るはず。
そんな日を夢見て。


・・・・・なんだか、演説みたい f^^。
by swingbebe | 2008-12-11 09:59 | 日記~今日思うこと~ | Comments(0)

継続は力なり

先日テレビを何気なく見ていて、こんなことを考えていました。

自分がこうしたいって想いは、今の自分が描く夢。
それを実現させるために、時期が来たらって待っていたら、いつまでもその時はやってこない。

夢が花開く事を思い描いて、【今出来る事】から始めてみる事。それはどんな些細なことでもいい。一歩前に進むこと。

そしてその足跡が、夢への軌跡。
頑張ってる自分。もしかしたら自分に誇れる自分。

そして身体の中心から湧き上がってくる充足感が、いつしか【夢追い人】となった自分の”勇気”になる。



・・・・・・・・・・・こんなことを書いている私って、何者?笑。

先日書いた和太鼓集団”TAO”。
彼らも、最初は締め切った倉庫のなかで、毎日毎日、練習、練習、基礎、基礎、基礎・・・・・。
【練習に明け暮れる、太鼓馬鹿】って言っていたけれど、その日々が、彼らの誇れる夢への軌跡なんだなあって。


三浦大知くん。
小さな時から厳しい世界で、天才といわれても努力を絶やさない。周りの声よりも自分がどうありたいか。その一本道を見極めて、真っ直ぐ進んでいる。そして、周りの人たちに感謝できる事も学んでいる。
きっと彼の夢はずっとずっと先にあって、そこへ向かう軌道はきっちり自分のなかで引いている。揺らぐ事も、止まる事も、時には脱線する事も承知しながら、今の自分を知っていて今を全力で翔けている。


徳さん(徳永英明)。
何度紆余曲折あっても、それを好機に変えていく。それは、図らずも彼の純粋な気持ちと、柔軟な心。そして、固い固い決心が導いていくものなんだなあって。

継続は力なり。

私が私の夢を実現させるために、こんな素敵なお手本があるんだって、今更考えていて、選ばれた人だけが夢を掴むのでは無くて、
夢を掴もうと、その夢の尻尾だけでも捉えようとする気持ちが、一番輝いて見えて。


頑張らねば。
明日の太鼓演奏も。

そして、今日からのストレッチも。基礎練習も。

輝いている人を追うばかりでなく、自分も輝いていたいなあ…笑。
by swingbebe | 2008-12-11 09:28 | 日記~今日思うこと~ | Comments(0)

Hideaki Tokunaga ’08「SINGLES BEST」

コンサートツアー。

行ってきました、Hideaki Tokunaga Concert Tour ’08「SINGLES BEST」

さっき帰宅したところです。今日は妹と行きました。

去年同様、SOLDOUT!!

妹に、息子が6ヶ月でおなかにいる時に聞いた”最後の言い訳”は心に残っているんだよって、開演前に話していたら、

1曲めは、♪最後の言い訳  でした。
すごく驚きました。

妹はそれほど聴いているわけではないけれど、彼女にもわかるくらいのナンバーの連続。しっかりきいてくれていました。

私が徳さんのロックが好きなことは以前にも書いたけれど、(もちろんバラードもいいんですが、)徳さんのシャウト気味な高音とあのメロディーは、まだ若かった25才の私には衝撃で、とっても勇気をもらっていました。

そんなアップテンポな曲もあり、やはり前のほうの席は、ファンクラブ席で、乗りもタイミングも絶妙。私も負けじと立ち上がって。妹も誘ったけれど、にやにや笑うだけで、座っていました。

そして、少ししてから
前が見えなくなって・・・と笑いながら、立ち上がりました。
(本当に素直じゃない・・・笑。)


でも、曲が終わる頃には、拍手と共に
『最高ーーーーッ!!!!!!!』と叫んでいました。

(まったくこの子は!!)笑


ラストのほうで、ポツリと
『徳永さんてさ、ライブの歌のほうが上手いよね』と。

CDとかで聴くよりも感動したらしい。
そうそう。徳さんて、ライブの後に、余韻に浸ろうと思ってCDを聞き返しても、なんかちがうんだよね。

徳さんは、ライブありきの人。あの声を肌で感じてほしいアーティスト。


今回のコンサートは、以前のオリジナルを沢山歌ってくれて、それも、以前の歌い方で。


そんな徳さんが、
「全国津々浦々、ファンの層も幅広くなって、本当に応援してくれているのがわかります。これからも僕も出来るだけメディアにでて、僕を見てもらおうと思っています。」
って言っていたけれど、

ライブももっと見てもらえるように、テレビにも出てくださいね。徳さん。

あんまりライブのことを書くとネタバレになるので、ここら辺にしときます。

そうそう、これからコンサートに行かれる方、ラストのラストに感動が待ってます。特に、私みたいに長~いファンには。

やっぱり男前です。徳さんは。

それから、今後のツアー会場もすべてSOLDOUTらしいですから、どうかどうか、徳永さん、
体だけは大事にしてください。


今日の徳さんのキーワード  【信頼と感謝】です。

紅白も出るので、楽しみです。
by swingbebe | 2008-12-04 23:17 | 徳さん | Comments(0)

二十歳の記

20年前の今日、2回目の出産記念日。
早い話が、長男の生まれた日です。

さっき、太鼓の練習の帰りに、車の中から、”おめでとう”と電話したところです。今日はお友達に祝ってもらったらしく、【回転寿司】だったそうな・・・。ケーキもあったそうな。
実に楽しいお祝いだったんだろうな。。。

声も弾んでいて、よかったよかった。

『20代は人生のうちでも変化のある世代。いろんな事があるけど、楽しみやね。無理をしないで、何事もほどほどに楽しみなさい』

みたいな、まるで親みたいな(親ですが…)事を言ってしまいました。

あの子が生まれたときは、本当に安産で、それほど時間もかからずでした。

覚えているのは、仕事から帰ると必ず私から離れず、いつもおぶって夕飯を作っていました。下ろすと、泣くんですね。で、炒め物とかしていて、

”ジャー!!”って大きな音がすると、その音に驚いて、ビービー泣いてた。

あれから20年なんて、本当に不思議です。

彼がまだ生まれる前、6ヶ月の頃、初めて徳さんのコンサートに行きました。丁度、高知学芸高校の上海列車事故の後だったんで、徳さんも♪最後の言い訳を、しみじみ歌ってくれました。


あれから、20年・・・月日の流れは、不思議な偶然をプレゼントしてくれたようで、

明日、12月4日徳さんのコンサートに行きます。これまた初めて、妹と、一緒に。

色んな想いを抱きつつ、楽しんできます。^^v
by swingbebe | 2008-12-03 22:56 | 日記~今日思うこと~ | Comments(0)

コラボ!


千晴さんと、コラボだそうな・・・。1/21リリースだということで。夕べブログを拝見しに行ったら、”1”にこだわっていらっしゃる方なんだ、”千晴さん”って。

以前言っていたコラボアーティストは、”千晴さん”だった。


世界一になる!絵馬の写真。あれ、ジャケ?

曲名は『STOP』。


歩みを止める事はない大知くん。

ライブそろそろどうですか?
by swingbebe | 2008-12-02 10:28 | 三浦大知


三浦大知くんファンブログです。メッセージはこちらへ.....swingbebe@excite.co.jp  


by swingbebe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

外部リンク

最新の記事

貪欲に。。。
at 2017-02-12 01:42

カテゴリ

全体
三浦大知
サプライズ
D-ROCK・SONG
癒し
ちょっと、ショート。
自分について
詩(うた)
妄想バトン
仕事の話
ライブレポ
友達
日記~今日思うこと~
徳さん
音楽について
今日のふぉと
レオと私
声をかけませんか?
土佐弁語り

記事ランキング

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...

画像一覧